>>Amazon EchoDotのレビューはこちら<<

SwitchBot温湿度計レビューと口コミのまとめ

この記事は約6分で読めます。

どーも!こすけです。

安さを理由にSwitchBot Hub miniを購入する時に、
温湿度計も別で購入するか悩んでいました。
温度センサーがなくても良いかな?と思っていたのですが、
ネットで調べてみると、
エアコンを自動化できる、スマホでいつでも部屋の温湿度がわかる、
といった事ができるとわかり、SwitchBot Hub miniと合わせて購入することに決めました。

実際に使ってみると、部屋の温度と湿度はスマホでいつでもわかるし、
温湿度センサーを利用して加湿器を稼働させたりできてめちゃくちゃ便利でした。

 

そんな便利なSwtichBot温湿度計のレビューをどうぞ。

 

 

本記事で書いている事
  • ポイント別のレビュー
  • 口コミのまとめ

 

SwitchBot 温湿度計のレビュー

 

SwitchBot温湿度計の開封写真

中身はこの4種類が入ってます

 

SwitchBot温湿度計の中身は、
説明書、温湿度計本体、マグネットテープ、単4電池の4つが梱包されています。

説明書には設定方法について、丁寧に記載されていて、
誰でも簡単に使えるようになっています。

 

SwitchBot温湿度計の裏側の写真

裏側はマグネットで冷蔵庫にしっかり付きます

 

裏側はマグネットになっていて、冷蔵庫などに付けることができます。
壁に取り付けたい場合は、付属しているマグネットテープを貼ることで可能となります。

 

コードレスでスマートに配置できる

 

SwitchBot温湿度計本体の写真

本体は超スリム!

 

電源供給が単4電池2本なので、電源コードを付ける必要がなく、
どこにでもスマートに設置することができます。

本体も軽いので、壁に付けても簡単に剥がれないのも良いと感じました。
僕はテレビの隣にちょこんと置いていますが、どこにでも馴染む感じでとても気に入っています。

電池持ちもよくて、単4電池で1年持つところも安心できます。
(湿度や気温によって、電池持ちは変わるので気をつけて下さい)

SwitchBot温湿度計 | バッテリーの寿命は?
温湿度計の電池は単4形アルカリ乾電池 2本で、通常の場合1年間使用できます。ただ気温と使用頻度によって、寿命が短くなる場合もあります。 電池交換の際に、本体裏面下部分の蓋を開けて、古い電池を取り出し、(+)(-)の向きを間違えないように新しい電池を入れてください。 ご注意: 長時間使用しない場合、電池を取り外して保管し...

コードレスだと何処にでも置けるので、見た目もスマートになって良いですね。

アラートで部屋の温湿度を通知してくれる

アラートを作成することで、設定した温度(湿度)になると、
携帯に通知を送ることができます。

この通知は家の中以外、外出先でも通知を受け取ることができるので、
異常事態があってもすぐに知る事ができます。
乾燥しすぎると風邪を引きやすいので、
嫁に加湿器付けた方がいいよー、
なんていう連絡を何度かしたことがあります。

 

こすけ
こすけ

マメで気がきく男って思ってほしいんです…

通知がくるだけで、こんな便利になるとは思いませんでした。

 

スマートリモコンと連動で適度な温湿度を保つ

スマートリモコンであるSwitchBot Hub mini(SwitchBot Plus)と連動すると、
更に便利になるんです。

エアコンと連動させると、20度以下になると暖房を付ける、といったことができるんですね。
加湿器と連動されると、
湿度40%以下で電源を入れて、湿度60%になると自動で電源を切る、
といった便利な使い方ができます。

加湿器と連動させるには、SwitchBotが出している加湿器か、
物理ボタンを押すSwitchBot、もしくはスマートプラグを使う事で連動させることができます。

エアコンは、赤外線リモコンだと問題なく連動できます。
僕のエアコンは無線リモコンなので、温湿度計と連動できなくてガッカリしました。
購入前に、エアコンが赤外線リモコンかどうかをチェックしてから、
温湿度計を購入しても良いですよ。

むしろ、エアコンで使えないと使用頻度がめちゃ落ちます。

 

 

SwitchBot 温湿度計の口コミ

 

SwtichBot温湿度計の口コミを、Amazonで調べてまとめました。
良い口コミと悪い口コミと分けて記載しています。

 

良い口コミ
  • エアコンの自動化で快適
  • 気温の上げすぎ、下げすぎを通知で確認できる
  • カスタマーサポートも優秀
  • SwitchBot温湿度計単体としても十分良い商品
  • Bluetoothで各部屋の温湿度計を一覧できる

エアコンの自動化がめちゃくちゃ快適という口コミが多かったです。
赤外線リモコン対応のエアコンも持っているなら、
絶対に購入した方が良いですね。

 

気温もスマホでいつでもチェックできるので、
子供部屋でエアコンの付けすぎなどを防止する使い方もできちゃいますね。

カスタマーサポートも優秀で、
メールすると、次の日(営業翌日)には返事が返ってくるほどの早さで対応してくれます。

温湿度計としての機能も優秀なので、
SwtichBotのスマートリモコンを持っていない人にもおすすめできる温湿度計です。

 

悪い口コミ
  • 液晶が角度によって全く見えない
  • 温湿度計のグラフ表示もおかしい

液晶が安っぽく、少し角度を付けると全然見えなくなるというデメリットがあります。

後は温湿度計のグラフがバグって表示がおかしくなったという口コミがありましたが、
実際に使っていて、表示がおかしくなることはありませんでした。

 

 

【まとめ】温湿度計でスマート化を更に加速させよう

SwitchBotのスマートスピーカーだけでも十分に便利なのですが、
温湿度計をプラスするだけで更に便利になります。
エアコンを自動化させたい、部屋の温湿度を常に知っておきたいような人には、必須な商品ですね。
値段も2000円と低価格で購入できるし、それより安く購入したい方は、
Amazonで月末に行われるタイムセール 祭りで購入すると、少しですが安く買うことができますよ。

SwitchBot温湿度計の使い方を詳しく知りたい方は、
SwitchBot温湿度計の使い方と設定方法」の記事をご覧下さい。
初期設定の方法や使い方について、詳しく記載しております。

SwitchBot温湿度計の使い方と設定方法/外出先から部屋の温度がわかるって安心
SwitchBot温湿度計の使い方と設定方法の説明書、導入方法からアレクサとの連携方法について、温湿度計でどんなことができるのかについてを主に記載しております
SwitchBot Hub miniレビュー/初心者にスイッチボットをすすめる理由
SwitchBot Hub mini(スイッチボットハブミニ)は低価格でおすすめできるスマートリモコン。アレクサとの連携も簡単でスマートホーム入門には丁度良いガジェットです。

 

こすけ
こすけ

ここまで読んで下さって、
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました