>>Amazonタイムセールのまとめ<<

初めてオートキャンプ場を体験!初心者でも楽しめるおすすめスポット

どうも!こすけです。
お盆休みを利用してオートキャンプへ遊びに行きました。
初めてのキャンプだったのですが、めちゃくちゃ楽しめる事ができました。

本記事では初めてオートキャンプ場へ行った体験談という内容になっています。

どんな人向け?

・オートキャンプ場について知りたい
・実際にオートキャンプ場に行った体験談を聞きたい

まずオートキャンプ場とは?

キャンプ場の近くに車を停める事ができるキャンプ場

キャンプ場は指定の駐車場に止めて、
キャンプ場まで歩いて荷物を運びます。
オートキャンプ場はキャンプ場の前に車を止める事ができる施設となっています。

オートキャンプ場はキャンプ場と違い、
車を近くに止めて、荷物の搬入が楽な事と、
車中泊もできるなどのメリットがあります。
その分キャンプ場より利用料金が高い、
というデメリットがありますが・・・

そんなオートキャンプ場を初めて利用した体験談をこれからお伝えします。

 

この記事で書いてる項目

・オートキャンプ場を利用した体験談
・オートキャンプ場のメリット

・オートキャンプ場のデメリット

 

オートキャンプ場のメリット

 

荷物の積み下ろしが楽

 

オートキャンプ場はとにかく荷物の積み下ろしが楽なんです。

オートキャンプ場では、テントを建てる場所の近くに車を置けるのです。

キャンプ場では指定の駐車場に置いて、
テントを建てる場所まで歩いて行く必要があります。
キャンプ道具って重い物が多く、しかも運ぶ量も多いのでとても大変なんですよね。

僕が行った場所では真ん前まで車を付ける事ができたので、
荷物の積み下ろしがとても楽で助かりました。

なのでオートキャンプ場は、荷物の積み下ろしが楽になるので良いですよ。

 

ロッジ付きで快適

 

ロッジの内装の写真

ロッジ内はこんな雰囲気だよ

オートキャンプ場ではロッジ付きもあるのでとても快適です。

なぜならロッジではエアコンが付いているからなんです。

僕が行ったオートキャンプ場ではキャンプ場料金+300円するだけで、
エアコンが使い放題でした。

ロッジは畳12畳ほどで、4人が寝るくらいのスペースくらいの広さです。
押入れに布団が4セット入っていて、
他には2口のコンセントとテーブルが置いています。

真夏の昼間はとても暑く、テントを建てるだけで汗だくになりました。
テントを建てた後のロッジの中はとても快適で、
ゆっくりと身体を休むことができました。

ロッジは高いと言われますが、+3000円ほどでロッジ付きを予約できるので、
テントを張って暑い思いをして外で寝るのに比べると、
3000円で快適に寝れるのでロッジ付きで予約するべきです。

ロッジ付きは快適なので本当におすすめします。

 

手ぶらでもOK!

 

オートキャンプ場は手ぶらでもOKなんです。

場所にもよりますが手ぶらでも大丈夫なように、
お肉などの食料の他にもキャンプ道具を借りる事もできました。

キャンプ道具を持っていない初心者でも、
オートキャンプ場を利用する事ができます。

 

トイレ、シャワー、ゴミ捨て場が近い

 

共同トイレ、シャワー、ゴミ捨て場が施設内に点々とあるため、
キャンプ場近くにあってとても助かりました。

お酒や食事が多いのでトイレを利用する事が多かったので、
トイレが近くにあるのは本当に良かった。
トイレも綺麗に整備されていたので好印象でした。

シャワー室(有料)もあるので石鹸とシャンプーとリンスを用意すると、
夜も快適に過ごすことができました。

ゴミ捨て場も綺麗で、分別もわかりやすくなっていました。

トイレは本当に綺麗でした。
シャワーは有料で5分だけだったので、
女性は時間が足りないかもしれません。

 

自然の中に食べるご飯はうまい

 

自然の中でご飯を食べるのって本当に美味しいんですよ。
さらに人がいればいるほど楽しいし、
なんならお酒もたくさん用意するとなお良い。

今回はお肉とご飯と野菜とお酒という簡単な用意でしたが、十分満足しました。

用意したり火をつけたりと面倒が多いけど、
汗を流した分ご飯はめちゃ美味しいっすよ。

 

値段も安く手軽に楽しめる

 

車を近くに置けたり、ロッジを借りたりと高いイメージがありますが、
僕がいった場所は一泊7500円ととても安価で利用することができました。

その他にも食材代や足りないキャンプ道具を補充など、
お金がかかる場面もありますが、
大人数で集まってお金を出し合う事で、
1人分の負担を抑えることができます。

オートキャンプ場のデメリット

 

ロッジ内に虫や動物が出る

 

オートキャンプ場なので、
山の中などにある事が多いので、
とにかく虫や動物が多い。

ロッジの中では安全だろうと思いきや、
ロッジ内には注意書きとキンチョールが置いていました。

「ロッジ内でアリ、ダンゴムシ、ゴキブリが出た場合、キンチョールで退治して下さい」

つまり虫が出るよって事っすよね・・・

実際にアリは10匹以上いましたし、
ダンゴムシも普通に出てきました。
ゴキブリは出ませんでしたが、
コオロギが布団から出てきました。

筆者は虫が平気だったので大丈夫だったのですが、
虫が苦手な人なら確実に悲鳴をあげるだろう・・・

夜寝る時もコオロギがロッジの中で鳴いているのか、
外で鳴いているのかわかりませんでした。

虫は平気だったので良かったのですが、
問題は動物の方でした。

ロッジ内ではネズミやコウモリといった動物も出てきます。
僕が1番許せなかった事は、朝起きて机の上を見てみると、
ネズミのフンが大量にあるんですよね・・・

ネズミのフンって危ない菌がたくさんいるっていうじゃないですか。

なので荷物を車の中に運んで、
ロッジ内には入らないようにしました。

この動物事件が1番残念な事でした。
まあ自然の中ですから、
動物が出るのは仕方のないことなんですが。

とにかく虫、ネズミ、コウモリが苦手な方は注意しましょう。

 

トイレは外にしかない

 

トイレは共同トイレしかないため、外にしかありません。

これはキャンプ場なんで仕方のない事なんですが・・・
キャンプなら確実にバーベキューしますよね。
そしてお酒とか飲みますよね!?
トイレ行きたくなりませんか??

夜にトイレに行きたくなると、わざわざ靴を履いて共同トイレまで歩いていく必要があるんですね。

5分ほど歩くし頻繁にトイレに行くと結構しんどかったです。

しかも雨が降っちゃうと傘さしていかないといけないんです。

めちゃだるいっすよ・・・

トイレをするために外に行く必要があるのは、
少し残念なポイントでした。

まあここはキャンプをする上で、
妥協しないといけないとこですね。

 

お風呂がなくシャワーだけ

 

これもキャンプ場あるあるなんですが、
お風呂はありません!シャワーだけです(しかも有料)

共同シャワーでしかも200円と有料でした。
時間も5分ほどで、女性なら200円では確実に時間が足りないであろう。
男性なら少し時間が余ったので、
余裕で全身洗う事ができました。

シャワーは始め冷たく、2分ほどでお湯に変わるため、
始めの冷たさは気合いで我慢しないといけません。

まあ夏なので冷水も気持ちが良いですけどね。

なのでお風呂に入りたい!という人は、
お風呂付きのキャンプ場を探す必要がありますね。

値段は高くなるでしょうね・・・

 

トイレに謎の虫がいて怖い

 

トイレは外にあるため、もちろん虫が登場します。

夜はトイレの蛍光灯を頼りに虫が寄ってくるため、
見たことないデカイ虫も出現します。

真夜中にデカイ虫がブンブン飛んでたら◯禁ものですよ・・・

僕も真夜中に起きてトイレに行ったところ、
人1人が通れるくらいのスペースに、
どデカイキリギリスがブンブンと元気よく飛んでいましたよ。

虫苦手なら確実に失◯してます。

なので虫が出ても平気でトイレできるようになりましょう。

 

【まとめ】オートキャンプ場は手軽に楽しめるので初心者におすすめ!

 

メリット
  • 車を近くに止めれるので搬入が楽
  • ロッジ付きで快適
  • 共同トイレ、シャワー、ゴミ捨て場が近い
  • とにかくご飯がうまい
  • 手ぶらでも楽しめる
  • 値段も手軽でお得
デメリット
  • ロッジに虫や動物がよく出る
  • トイレは外のみ
  • お風呂はシャワーのみ
  • トイレに虫が確実にいる

オートキャンプ場を初めて利用しましたが、
とても快適で楽しく利用する事ができました。
虫が苦手な人は絶対に無理ですが、
車を持っていて、キャンプを手軽に楽しみたい人ならば絶対に楽しめますよー。

最後まで読んで下さって、ありがとうございました( ‘ω’ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました