こすけの小言

パーマリンクにカテゴリを入れてはいけない理由

time 2018/04/29

パーマリンクにカテゴリを入れてはいけない理由

 

どもども!kosukeです
皆さん、パーマリンクの設定はちゃんとしていますか?
僕は今日までパーマリンクの設定をしていると、勘違いをしていました

なので、みんなも間違えないように
Wordpressにおいてのパーマリンクの設定についてご紹介します

パーマリンクとは?

パーマリンクとはhttp://○○○.com/category/
.comの後ろのcategory部分がパーマリンクになります

投稿したときのページのURLがパーマリンクとなります
wordpressではパーマリンクを自由に変更することができます

パーマリンクにカテゴリを入れてはいけない?

僕が調べた時は
「パーマリンクにカテゴリを入れることにより、SEO対策として有効である」
という教えの元で
http://○○○.com/カテゴリ/記事タイトル
というパーマリンクに設定していました

ですが!!
本当は駄目みたいです・・・
早速ですが、その理由をお伝えします。

カテゴリはよく変更するものである

これが一番の理由になります。

記事を書くたびに、カテゴリを増やしたり、名称を変更したりとすることが多くなると思います
そのたびに記事のURLが変わっていきます

URLが変わるだけじゃん、って思う人はいます?
URL変わるだけならいいんですよ。
記事内にも、他の記事に飛ぶようにリンクしている記事などありますよね?

それも全部変えていく必要があるんですよ??

kosuke
めちゃめちゃ手間じゃん!!
すごく手間なんですよね。
kosuke
はやくパーマリンクにカテゴリを抜こう!
ですが、どちらにせよ、パーマリンクを変更しないといけないので
もろもろの設定変更はしないと駄目ですよね・・・
次に、パーマリンクを変えると発生するデメリットをお伝えします

パーマリンクを変えるデメリット

1.投稿されたSNS等のブログカードが機能しない

ブログをしている人は、twitterを活用している方は多いと思います
そこで活用されるのがブログカードです


こういう投稿ですが(上のツイートから記事に飛ぶと、多分エラーがでます。すみません
パーマリンクを変更することにより、URLが変わりますので、エラーが発生するはずです

今まで投稿したものがリセットされます。
twitterがメインの流入であるなら、結構辛いですよね・・・・

2.パーマリンク変更の労力

パーマリンクの変更、記事のリンクの変更など、記事が多いと変更の労力が大変なことになっちゃいます。

なので、パーマリンク変更は、早めにすることをおすすめします
100記事書いた後にしようとするものなら、それはそれは時間がかかることでしょう。

WordPressでパーマリンクの変更方法

設定のタブのパーマリンクの設定をクリックします

これが前の僕のパーマリンクの設定です。
/%category%がカテゴリー
/%postname%が記事タイトルになります

ここの/%category%を消します。
これで全てのURLのカテゴリーが消えました。

以上でWordpressでのパーマリンクの変更は完了になります

パーマリンクにカテゴリを入れることでSEO対策に有利になるのか?

実際のところ、少し有利になるみたいです。(理由はわかりませんでした。すみません)

ですが変えたからといって、アクセスが落ちるのか?というと、実際のところそうではないみたい。
この辺りは検索流入まったくない僕には、未知の世界でした。

ページランクが変わる心配もあるみたいですが、301、302リダイレクトをすれば問題ないみたいです。
リダイレクト用のプラグインはPermalink Redirectというものがあるみたいです
心配な方はリダイレクトをかけて、ページランクをそのまま引き継ぐと、検索流入も落ちないみたいです。

僕は、経験が少ないため、このあたりの話はよくわかっていません。
またわかり次第リライトしていこうと思います

いかがでしたか?
なるべく早く、パーマリンクを設定することをおすすめします。
wordpressの初期設定のパーマリンクは日本語ですが、日本語わかりやすくていいじゃんって思いますが、SEO的にもあまりよくないので、おすすめしません。
外部ブックマークでエラーを出したりするので、日本語の場合はなるべく早く変更しましょう。

それでは!

down

コメントする




Amazon

スマホ情報

ブログ

レビュー

生活

こすけ

こすけ

はじめまして、こすけです。 社会人の雑記ブログです。 マイペースな更新で頑張っています。 [詳細]