楽しく遊べるアプリ コエステーションの使い方は?

アプリ
スポンサーリンク

どもども!こすけです。

iPhoneアプリで「コエステーション」というアプリが出ました。
コエステーション」のアプリで自分の声を録音し、
自分の声を「コエ」という名称で作ることができます。

その「コエ」で文章を読み上げたり、
コエ」を育てて、自分の声の精度を上げることができます。

そんな面白いアプリを今日はご紹介します。

「コエステーション」はiOSアプリのみ

コエステーションは2018年6月15日現在、iOS(iPhone)アプリのみとなっています。
Android版はまだ用意されていないので、
Androidユーザーはもう少し待ちましょう。

「コエステーション」の使い方

まずはアプリをインストールしましょう。

コエステーション

コエステーション

TOSHIBA Corp.無料posted withアプリーチ

新規登録をする必要がある


・ニックネーム
・メールアドレス
・パスワード
・生年月日
・性別

利用規約とプライバシーポリシーに同意するにチェック
をすることで、仮登録になる。

性別は無回答でも問題なしです。

仮登録が完了すると最初に登録したメールアドレスに、
6ケタの認証コードが送られてくるので、
認証コード入力後に登録が完了される。

始めに環境設定を行う


始めにコエを作るところから始めます。
まずは録音する環境の設定から始めよう。

マイクボタンを押してから、
何も喋らずに5秒間待ちます。

録音環境を調べるためでしょう。
なるべく音のしない、静かな場所ですることをおすすめします。

後は自分の声を録音していきます。
波形が濃い青色の部分をこえない程度の、
声の大きさで録音します。

マイクボタンを押してから、
サンプル文を声に出して読んで、
読み終わってから、マイクボタンを再びタップします。
そうすることで、次へ行くことができます。

この例文を10文読むと、
レベル1の声をつくれるようになりました。
右上のコエをつくるを押すことで、「コエ」を作ることができます。

「コエ」をつくるのには
1時間ほどかかるみたいです。
結構かかるのでゆっくりと待ちましょう。

僕の場合はレベル5でも、30分ほどで作ることができたので、
声の質で時間が変わるのかもしれません。

ちなみにコエレベル2を作る場合は、
40文読まなければいけないみたいです。

「コエ」を作ってからは、
「読み上げ」と「育てる」を選ぶことが可能です。

「コエ」のレベルを上げるとどうなるのか?

レベル=精度となっており、
レベルを上げてから、「コエ」を作ることで、
自分の声により近づけることができます。

レベル1は10文
レベル2は40文
レベル3からは50文
の例文を読む必要があります。

レベル1

kosuke
まあ自分の声かな?

レベル2

kosuke
おー自分っぽい声だ

レベル3

kosuke
僕の声に近いぞ

レベル4

kosuke
ほぼほぼ僕の声だわ

レベル5

kosuke
僕が喋ってるぞ・・・!?

くらいのレベルです。(わからん)
レベル5になると僕そっくりの声です。
他の人が聞くと、
僕が話しているのと錯覚するくらいです。

めちゃめちゃすごいじゃないか!

もちろん育てるで、精度をあげることもできます。

コエステーションでは声の調子を変えることができる

コエステーションではパラメーターをいじることで、
声のピッチを変えることができます。

これがなかなか面白い。

・話す声の早さ
・声の高さ
・声の太さ

あとは喜んでいる時などの感情で、
声を替えることができます。

このアプリとても面白いです。
自分の声でSNSなどを読み上げることができるので、
めちゃくちゃ変な文章を読ませると、
申し訳ない気持ちになります。

そんな無駄なことは置いておいて、
自分の声を録音するだけで、
自分そっくりの声でどんな文章も読めるという技術は、
とても役に立つと思います。

防犯にも使えそうだし、
面白い事にもたくさん使えそう。
子供はとても好きそうなアプリので、
是非遊ばせてみてください。

こういう技術がもっと増えることを楽しみにしています。
みなさんも是非ダウンロードしてみてください。

コエステーション

コエステーション

TOSHIBA Corp.無料posted withアプリーチ

レシートを10円で買い取るアプリ「ONE」についても
記事を書いています。是非ご覧ください

それでは!

コメント