VAPEの吸い方のコツ 誰でもわかるMTLとDLについて

VAPE

 

VAPEの正しい吸い方がわからず、むせる事が多い。
吸い口が熱くて安心して吸うことができない。
そういうことが無いように安心して吸える正しい吸い方ってないのだろうか。

 

初心者の方はVAPEの吸い方で悩む方が多いです。
吸うと思いっきりむせて苦しい思いをした人もいれば、
吸い口が熱くて怖くて吸えない、なんて悩む人もいます。

そんな悩める初心者の方にわかりやすいように、
VAPEの吸い方「MTL」という方法をご紹介します。

 

本記事の概要

 

・VAPEの吸い方の紹介

・吸い口が熱いときやリキッドの跳ね返りの対処方法

・正しく吸うことによるメリットはなんなのか

 

VAPEの正しい吸い方は「MTL」が基本

 

VAPEを正しく吸う方法は口で吸う方法「MTL」という吸い方が一番ベーシック。

VAPEでは大量の蒸気を吸うことになりますが、これが結構きつい。
初心者の方が直接肺に入れようとすると、必ずむせます。

僕が初めて吸った時に、肺に入れたのですが、
おもいっきりむせて苦い思いをしました。
実際に吸ってみるとわかるように、大量の蒸気が喉に刺激を与えるため、
大量に肺に入れようとすると、苦しくてむせてしまいます。

肺に直接入れる「DL」という吸い方もありますが、
それは「MTL」に少し慣れてからでも遅くはありません。

なので、初めて吸う方は、まず「MTL」での吸い方をマスターしましょう。

VAPEで爆煙デビューするには?初心者におすすめの爆煙対応のMODを紹介

まず「MTL」と「DL」って何?

 

MTLはタバコの吸い方と同じ

 

MTLとはMouth To Lungの略で「口から肺に」という意味をもち、
いわゆるタバコの吸い方と同じです。

口の中に蒸気を貯めてから、ゆっくり深呼吸することで、
むせることなく蒸気を吸う事ができます。

 

MTLのメリット

 

リキッドの味を一番感じる事ができる。
吸い方がタバコと同様のため、喫煙者でも満足しやすい。
低ワット数で吸う為、本体が熱くなり難く、
リキッドの量も少量で良いためコスパ良く吸う事ができる。

 

MTLのデメリット

 

煙の量が少ないため、爆煙で楽しみたい人には物足りない。

 

DLは直接肺に入れて吸う中級者向け

 

DLとはDirect Lungの略で「直接肺に」という意味。

吸う時に深呼吸するように吸う事で、直接肺に入れることができる。
慣れるまでは思いっきりむせてしまうので注意が必要。

DLをすると煙を一度にたくさん吸い込めるため、
えげつないほどの煙を吐く事ができる。
爆煙を楽しみたい人には是非吸えるようになってもらいたい。

ただDLを楽しむためには、ワット数を大きくする必要があり、
吸い口がめちゃくちゃ熱くなるため、気をつけなければいけない。

 

DLのメリット

 

蒸気をたくさん吸えるため、吸った感(満足感)を得られる。
爆煙を楽しむことができる。

 

DLのデメリット

 

リキッドの消費が多く、結構危ない。
熱くならないようにする吸い方など、ある程度知識と勉強が必要。

 

MTLの正しい吸い方

 

・本体の電源を入れてボタンを押して1秒ほど待つ
・1秒待ってからゆっくり吸い込む(この時口の中に蒸気が入るのがよくわかる)
・深呼吸のように胸を使って吸うと肺に入ってしまうので、口だけで息を吸うイメージで吸う(肩を上げるて吸うとイメージしやすい
・自分の丁度良い量で口の中で止める
・その状態からゆっくりと息を吸って肺に入れる
・ゆっくりと全て拭き出す

 

これが正しいMTLの吸い方です。
慣れるまでは少しむせたりしますが、
1時間ほど練習するだけで誰でもマスターすることができます。

 

DLの正しい吸い方

 

・本体の電源を入れてボタンを押して1秒ほど待つ
・1秒待ってからゆっくりと深呼吸するイメージで吸う(喉をゆっくりと蒸気が通っていくので、むせない程度に調整しながら吸うと良い)
・自分の丁度良いタイミングで吸うのを止める
・一気に吹くと確実にむせるため、ゆっくりと吹き出す

 

これが正しいDLの吸い方です。
慣れるまでは多少時間がかかってしまうので、
無理せず練習すると良いでしょう。

ちなみに一気に吹くと、絶対にむせて苦しいので止めましょうね。

 

吸い口やリキッドの跳ね返りの対処方法

 

吸い口(ドリップチップ)の熱で困っているなら出力設定が必要

 

吸い口(ドリップチップ)が熱くて吸えなくなるのは、出力が高すぎるのが原因の1つ
基本的に出力は20W~30Wほどに設定すると、丁度良い設定になります。
出力設定できるものならば良いが、出力設定できないMODもあるため、
その場合はドリップチップを変更する必要があります。

 

リキッドの跳ね返り(スピットバック)の対処方法はドリップチップを変えると良い

 

リキッドの跳ね返り(スピットバック)の対処方法はドリップチップを変えるしかない。
出力設定でも変更は可能だが、アトマイザーによってはスピットバックが発生しやすいものがある。
一番手っ取り早い方法は、やはりドリップチップを変える方法だろう。

リキッドは熱を利用して蒸気を発生させるため、どうしてもドリップチップが熱くなったり、
熱されたリキッドが跳ね返るのは仕方がない。
そのために別売りでドリップチップが売っているのだ。

 

 

ドリップチップを変更することで、
スピットバックやドリップチップの熱が解消されるのはもちろん、
見た目やリキッドの味も良くなるため、是非とも購入して頂きたい1品である。
対応しているかどうかをしっかりとチェックしてから購入して下さい。

 

正しい吸い方をマスターすればより一層美味しくリキッドを吸う事ができる

 

下手な吸い方をするよりは、正しいMTLの吸い方をマスターすることで、
美味しいリキッドを、より美味しくリキッドを堪能することができる。

間違った吸い方をすれば、焦げた味がすることもあれば、
果物の風味などが飛んで美味しく感じることができません。

高出力で吸えば、爆煙になり満足感を得やすいが、
味は愕然と落ちて美味しく感じることができません。
ワット数を上げれば上げるほど、
果物系のリキッドの味は飛んでしまい、必ず味が落ちてしまいます。

そこまで変わらないと思うかもしれませんが、実際に吸ってみると、
45W以上で吸う味と、20Wほどで吸う味は全く違うことがわかります。

なので、正しい吸い方を覚えずにVAPEを楽しむことはできません。
MTLをマスターしてから、やっとVAPE初心者のスタートラインに立てるのです。

 

VAPEの正しい吸い方のまとめ

 

MTLとは口に溜めて肺に入れる吸い方
DLは直接肺に入れる吸い方
味を美味しく感じるため初心者はMTLがおすすめ
ドリップチップの熱やスピッドバックの対処法はドリップチップ自体を変える
正しく吸うことでよりVAPEの世界を楽しむことができる

 

VAPEの世界を楽しむために、正しい吸い方をマスターしましょう。
ドリップチップは安価で買えるのに、

リキッドの味を最大限に楽しめる
スピットバックの心配がなくなる

などの良いことだらけなので、VAPE本体とセットで買うといいでしょう。
ただし、そのアトマイザーに対応しているかしっかりチェックしてから購入しましょう。

このドリップチップはほとんどのアトマイザーに対応しているかつ、
性能も十分良いため一押し商品となっています。

 

VAPEとはいったい何なのか?
VAPEのメリットって何?

 

を知りたい方はこちらの関連記事をご覧下さい

VAPEのメリットデメリットと必要な費用や購入方法
この記事ではVAPEのメリットとデメリットが一目でわかるようにまとめています。VAPEを購入するかどうか悩んでいるなら、まずはメリットとデメリットについて理解したほうが、購入してから後悔せずに済みます。

 

VAPE初心者におすすめのMODもこちらで紹介しています。

VAPEのMODの選び方のコツや初心者におすすめのMODはこれ
VAPEのMODについて詳しく知りたいのであればこの記事をおすすめします。こと細かくMODについて語ります。最後に初心者におすすめのMOD紹介欄も設けています。

コメント