いまさら聞けない!VAPE(ベイプ)のメリットデメリット|必要な費用や購入方法

VAPE

 

最近RDAを購入して調子に乗っているこすけです。

 

この記事では、VAPEについて全く知らず、
カッコいいから欲しいけど
メリットとデメリットを理解してから購入したい。
と思っている人向けの記事となっています。
VAPEとは、簡単に言えば電子タバコの事です。
日本では液体化のニコチンは禁止とされているため、
甘いジュースなどの液体を電気熱で気化させて吸うものをVAPEと言います。

VAPEのメリットは

 

数多いリキッドを自分好みで楽しめる
爆煙で吸う満足感を得る
VAPEをかっこよくカスタマイズできる
ヤニ汚れや臭いの心配なし

 

VAPEのデメリットは

 

お金がかかる
持ち運びが不便
掃除が大変
外で吸う場合は喫煙所で吸う必要あり
多少の専門知識がいる

 

メリットが魅力的に感じ、
デメリットがそれほど気にならないようなら

 

 

 

 

買いですね!!

 

 

 

ではVAPEについて詳しく見ていきましょう。

 

VAPEとは何なのか

VAPEとは電子タバコの事である。

液体を電気熱等で気化させて吸うものを、
電子タバコ、別名でVAPEと呼ぶ。

外国ではニコチン入りリキッドなどを吸うために電子タバコと呼ぶが、
日本ではニコチン入りリキッドが禁止(液体化したニコチンは危険なため)なので、
日本で電子タバコと言うのは少し違うようにも感じる。

そのため、日本では電子タバコではなく、
VAPEと呼ぶ事にしよう。

vape 必要な費用

だいたい4000円~5000円ほどあれば、
VAPEを楽しむ事ができます。

 

 

VAPEを楽しむために必要なものは

本体(MOD)
吸い+リキッドタンク(アトマイザー)
フレーバー液(リキッド)

この3つが必要となります。

MODとアトマイザーがセットの物もあるので、
初めて買う場合はセット物を購入する事をオススメします。

フレーバー液(リキッド)はお好みの物を。
「リキッド レビュー」などで検索すると、
よりわかりやすいため、調べてから購入すると良いです。

 

 

vape 購入方法

 

購入方法はネットと実店舗で買う方法があるが、
どちらにもメリットデメリットがある。

 

ネット購入のメリット

 

店に足を運ばなくて済む
店に無いものを手軽に買える
店員との交流がない

 

店舗購入のメリット

 

実際に見て触れて確かめる事ができる
知識のある店員にあれこれ聞く事ができる
保証や購入後のサポートが手厚い
リキッドの味を試す事ができる

 

人と関わるのが苦手な人や、専門店が近くにない場合、
ネットやレビュー等で調べてから購入するのも良いが、
専門店に足を運んで実物を見て触って使ってみて選ぶ方が断然オススメです。

リキッドも試しに吸えるため、自分に合ったリキッドに出会えるので、
できる限り専門店に直接行く事をオススメします。

では、これから実際にvapeのメリットとデメリットを見ていきましょう。

VAPEのメリット

 

数多くのフレーバー(リキッド)から自分好みにチョイスできる

 

VAPEの魅力の1つである、フレーバー(リキッド)の種類が豊富であること。

マスカットなどの果物をはじめ、
コーヒーやメロンソーダ、タバコ味なんてものもあります。
様々な種類の中から選ぶことができるので、
吸う楽しみと、選ぶ楽しみも得る事ができます。

リキッドの値段は1000~3000円くらいで、
容量10mlで10日以上は持つので、コスパはとても良いです。

 

煙の量が多いため吸った満足感を得る

 

高い電圧で気化させるため、煙の量がとても多い。吸った感はめちゃくちゃありますが、慣れないうちは煙が多すぎてむせることもよくあるので気をつけましょう。

 

VAPE本体のカスタマイズを楽しめる

 

VAPE本体(MOD)には主に2種類あって、棒状のペンシルタイプと箱状のボックスタイプがあり、それに合わせるアトマイザー(吸い口+リキッドを入れるタンク)を合わせて吸うのですが、アトマイザーも種類によって味が変わったり、高いパワーのMODを変えることで爆煙にしたりと、色々な事が楽しめます。
自作でコイルを巻いてコットンを詰めて楽しむ、RDAという種類のアトマイザーもあり、初心者から上級者まで楽しめるのもVAPEのメリットの1つです。

 

タバコのように嫌な臭いが付いたり壁が汚れる事がない

 

タバコの独特の臭いで周りに迷惑をかけたり、ヤニで白い壁を汚したりする心配がありません。
副流煙で害があることもないので、家で安心して吸う事ができますが、煙が多いので室内で吸うと、部屋全体が煙たくなるので気をつけましょう。

vapeのデメリット

 

結構お金がかかる

 

電子タバコはタバコの禁煙に役に立ってコスパが良い!なんてよく聞きますが、
実際にコスパはそれほど良くありません。

30ml3000円くらいの物だと1ヶ月持たない事も多い。
タバコ1日1箱吸う計算で、

420円×30日=1万2600円

これと比べると安いですが、それでも1ヶ月6000円くらいはリキッドで使うと考えた方が良いです。
リキッドの他にもアトマイザーやMOD代も考えると、続けるだかお金がかかる事がわかります。

 

持ち運びに困る

 

VAPE(ベイプ)を持ち運ぶのって、実は以外と困る。

VAPE専用の入れ物を買う必要があるし、
アトマイザーにリキッドを入れて持ち運ぶ場合、
漏れる可能性もあります。

リキッドが漏れると、入れ物がベタベタになってめちゃくちゃ面倒な事になります。

僕も1度外に持って出た時、鞄の中がリキッド塗れになって、
ベタベタが取れずにその鞄を捨てた過去もありました。
キッチリ蓋をしていても、横に倒すと漏れてしまう事もあるので、
持ち運びの際は十分に気をつけて持ち運ぶようにしましょう。

 

掃除に手間がかかる

 

違うリキッドを入れて吸いたい場合、
アトマイザーを分解して洗浄しないと味が混ざるので、
毎回洗うのですが結構手間。

全て分解して水で洗ってまた組み立てて…とすると、慣れない場合10分以上かかります。

リキッドで手はベトベトになるし、
組み立てを間違えて部品を破損させたり…なんて手間もあります。

予め分解の工程を写真に撮っておいたり、
アトマイザーのレビューの書いたブログを見ると詳しく書いている事も多いため、
分解する前に事前に調べるようにしましょう。

 

外で吸う場合は喫煙所で吸わないと駄目

 

ニコチンやタールが入ってないし、
副流煙にも害がないのであれば、
どこで吸ってもいいのでは?

と思うかもしれませんが、知らない人から見るとVAPEはタバコにしか見えません。

VAPEには害がないが、外で吸う場合は必ず喫煙所で吸いましょう。
VAPE=電子タバコという概念を忘れないように。

 

専門知識がいる

 

初心者キットなどであれば、そこそこの知識があれば使用できますが、
自分でコイルを巻いてコットンを詰めて吸うRDAや、
電池のみでシンプルな作りのメカニカルMODなどを使用する場合、
少し専門知識が必要となります。

誤って使用すると、VAPEが爆発して大怪我をする恐れもあります。
特殊なアトマイザーやMODを使用する場合、
必ず使用方法などを守って使うようにしましょう。

 

VAPEのメリットデメリットのまとめ

 

数多いリキッドを自分好みで楽しめる
爆煙で吸う満足感を得る
VAPEをかっこよくカスタマイズできる
ヤニ汚れや臭いの心配なし

 

お金がかかる
持ち運びが不便
掃除が大変
外で吸う場合は喫煙所で吸う必要あり
多少の専門知識がいる

いかがでしょうか?

どうでしょうか?VAPE欲しくなりましたか?
VAPEを購入する場合は、VAPEについて詳しく理解してから
購入するようにしたほうが、後から後悔しなくて済みます。

みなさんもVAPEを楽しみましょう!

 

 

コメント