>>オートキャンプ場へ行っていきました!<<

VAPEのリキッド講座 これを読むだけで成分の危険性や購入方法が全て分かる

VAPE
・リキッドの成分は危なくないのか詳しく知りたい
・PG、VGの比率って何?
・VAPEのリキッドが欲しいのだけれど初めてどれを買えばいいのかわからない
・お店と通販のどちらで購入するのがベストなのか

 

 

 

そんなお悩みを本記事では解決します。

 

 

 

 

VAPEでいうリキッドは、味付きの液体のことで、
これを気化して吸うことで楽しむものがVAPEです。

リキッド選びもVAPE初心者ではわからないことは多いでしょう。
そんな悩みをこの記事で解決していきましょう。

VAPEのリキッドは基本的に安全なものを使用しているため、
吸ったからといって身体に害を与えるものではないので安心してください。

リキッドにはPG,VGという表記がありますが、
この数値を見るだけで、リキッドの性質がわかる便利なものとなっています。
購入する際はこの数値をしっかり見て買うようにしましょうね。

それでは、本記事をどうぞ。

 

 

 

 

VAPEのメリットデメリットと必要な費用や購入方法
この記事ではVAPEのメリットとデメリットが一目でわかるようにまとめています。VAPEを購入するかどうか悩んでいるなら、まずはメリットとデメリットについて理解したほうが、購入してから後悔せずに済みます。
VAPEの吸い方のコツ 誰でもわかるMTLとDLについて
VAPEの正しい吸い方がわからず、むせる事が多い。 吸い口が熱くて安心して吸うことができない。 そういうことが無...

VAPEリキッドとは?

 

VAPEリキッドの成分は基本的に
「PG」「VG」「香料」
という成分でできています。
この成分は人体には無害となっている成分です。

なぜならVAPEで使われている成分は、
食品添加物として使用されていることが多く、
普段口にしている物を使用しているからです。

PGは防腐殺菌作用のあるアルコールの1種で、
毒性が低く食品添加物としても使われている。
VGは植物性の油脂を原料にしており、
食品添加物や医療用の目薬などにも使われているため、摂取しても無害です。
香料は基本的に口にしても問題ない食品などを使用している。

僕も2年ほどVAPEを吸って生きていますが、
リキッドのせいで体に支障をきたしたり病気になった経験は1度もありません。

それでも食品添加物は怖くて駄目だわ・・・
という方は、そっとこのページを閉じた方が良いです。
なぜならVAPEを楽しむためには、避けて通れない道だから。

このため、VAPEリキッドは人体には無害ということなのです

それではリキッドに使われている成分を詳しく見ていきましょう。

 

PG(プロピレングリコール)

 

PG(プロピレングリコール)とは無味無臭の液体。
防腐剤効果や殺菌作用があるため、食品添加物や医療品など幅広い活躍をしている成分です。

化学反応が起き難く、毒性が低いため食品添加物で多く活用されており、
うどんやおにぎり、餃子の皮などでも使われいるため、安全性はとても高い成分。

VAPEでは、PGが多いと味を濃く感じやすい。

 

VG(食物性グリセリン)

 

VG(植物性グリセリン)とは植物性の油脂から作られている成分。
実はPGと同じような性質をもつため、
食品添加物や医療品によく使われています。

PGとの違いは粘度が高く少し甘い。

植物性のため、安全性は高いとされていますが、
まだ研究段階でわからないことが多いため、少し不安な要素な点も多い。

VAPEでは、VGが多いと煙の量が多くなる。

 

香料

 

香料は、その名も通りリキッドの匂いと味を決める成分。

基本的に人が食べても無害な物(食べ物)が使われているため、
人体に害をあたえることはないため、安全な成分といえます。

 

リキッドに使われている成分はほとんど安全で問題ないことがわかりましたね。
それでは、今度はリキッドに書かれているPG:VGの比率とは何なのかを説明していきます。

 

PGとVGの比率って?

 

どのリキッドにも、PGとVGの比率が書いてあります。
この比率をみるとそのリキッドがどのような性質のリキッドなのかがわかります。

 

PG比率が高い場合

 

PGの数値が多い場合は、
味を濃く感じるが、煙の量は少ない。

PGが多いと液体がサラサラしていることが多く、
吸う時のスロートキック(吸った時に感じる刺激)が強くなるため、
タバコを吸う感覚を得たい人は、PG比率が多いものを選びましょう。

 

VG比率が高い場合

 

VGの数値が多い場合は、
味は薄く感じるが、煙の量は多い

VGが多いと液体がドロドロしていて、ベタツキ感が強い。
コイルへの浸透がゆっくりなため、空焚きしてコイルを焦がしてしまうこともあり、
VG比率が多いものは、初心者は控えたほうが良いだろう。

 

MAX VGという煙量を最大限にする物もある

 

VG比率100%のMAX VGというリキッドも存在する。
爆煙のためにつくられたリキッドといえよう。
ただ、扱いずらさやゆえに、VAPE初心者は絶対に避けるべきである。

 

VAPEリキッドの種類

 

リキッドの味には様々な種類があります。

リンゴなどのフルーツ味のリキッドから、
バニラアイスなどのデザート系、
タバコの味に近いものなど、たくさんの種類から好きな味を選びましょう。

ちなみに国産のリキッドの場合は「ニコチン」「タール」が、
必ず含まれていないので安心してください。
日本では液体の「ニコチン」は禁止されています。

なぜ禁止されているかというと、
液体になったニコチンは濃度を手軽に調整できることと、
気化した時のニコチンの量が多いため。
濃いニコチン入りのリキッドを使うことで、
人体への影響がとてつもなく悪いので禁止とされています。

アイコスやプルームテックも駄目じゃないの?と思うかもしれませんが、
こちらは「電子タバコ」のジャンルに入っていない「模擬品」ため大丈夫なのである。

VAPEショップなどでも違法で置いているショップもあるらしいですが、
見つかると逮捕になりますので、ご注意を。

 

リキッドは通販で買うかショップで買うか

 

1番のオススメはショップ購入である。

なぜなら実際にショップで買うと、
リキッドのテイスティング(試し吸い)することができるから。

僕は初めてリキッドを購入した際は、ショップに足を運びました。
VAPEのMODを持参していくと、色々なリキッドをテイスティングする事ができました。
たくさんあるリキッドを1つ1つ吸っていき、
気になった1つのリキッドを購入することができるのです。

近くにショップがない人は、
インターネットでリキッドのレビューを、
検索してから通販で購入する形がベストでしょう。

近くにVAPEショップがあるのであれば、
迷わずショップに行くことをおすすめします。

1度ショップで購入してから、
再度欲しいリキッドを通販で買う方法が一番賢いと僕は思っています。

 

リキッドの開け方には少しコツがいります

 

リキッドのキャップは「チャイルドプルーフキャップ」という特殊な使用になっていて、
ボトル側に力を入れながら、左回しでキャップを開けることができる。

小さな子供が間違って開けないように、開けずらい工夫がされています。

初めての頃は開け方がわからずに、
カッターでキャップの部分を切断した馬鹿は僕です。
わからない場合は無理やり開けずに、
まずはインターネットで調べましょうね。

おすすめのVAPEリキッド

 

筆者が購入して良かったリキッドをここで紹介していきます。
実際買って偽者やニコチン入りの物が来たことはないので、
安心して購入してください。

 

1.SNOW FREAKS MEGA MUSCAT(メガマスカット)

 

 

PG30/VG70の爆煙向けのフルーツ系

 

VAPEといえば、スノフリのメガマスカットでしょう。

ほのかに甘いマスカットの味に、
メンソールのスーッとして爽やかな味わいを堪能できるリキッド。
VAPEといえばこのリキッドのため、外れはありません。
PG30%のため味はそこまで強く感じませんが、甘くて美味しいです。

ですが、メンソールがそれほど強くないのが残念なとこ。

 

2.Duckface Orange Country(オレンジ)

 

 

PG60/VG40の味強めのフルーツ系

 

このリキッドもめちゃくちゃおすすめ。
外国産のリキッドですが、ニコチンなし。

吸ってみるともう、オレンジ味が濃いの濃いの。
煙の匂いもオレンジで、吸うと部屋全体がオレンジの匂いに包まれるほどに濃い味。
メンソールも強めで、結構強めにくるのでさらに美味しい。

問題は少しお値段が高いところかな。

 

3.KAMIKAZE スーパーハードメンソール

 

 

メンソール強めの定番リキッド。

実際に吸ってみるとメンソールの強さに驚く。
フリスクを鼻に詰めたのでは?と疑うくらいの爽快感。
初めて吸うと確実にむせるであろう1品。

メンソール好きならこれ単体で吸ってもいいが、
別のリキッドに混ぜてメンソールを強くするという方法もオススメする。

とりあえず持っていても損はないだろう。

 

4.24K FORBIDDEN FRUIT(リンゴ)

 

 

PG40/VG60の爆煙向けのフルーツ味

 

完熟リンゴジュースにほのかにミントを加えた仕上がり。
PG40ですが、実際に熟したリンゴの味が濃く出てめちゃくちゃ美味しい。
隠し味的なミントは爽快感が出て、全く不快に感じません。

リンゴが大好きであるなら購入した方がいいリキッドです。

 

VAPEリキッドまとめ

 

VAPEは「PG」「VG」「香料」でできている
成分は全て安全性が高いものを使用
PG比率が多い=味が強い
VG比率が多い=煙が多い
リキッドの種類はなんでもある
国産ではニコチン入りのリキッドは禁止
リキッドはテイスティングできるショップ買いがおすすめ
キャップの開け方はボトルを押すように開ける

 

おすすめリキッドは随時更新していきます。
もし気になるリキッドやレビューしてほしいリキッドがあれば、
コメントやメールにてお伝え下さい。

VAPE本体を購入されていないのであれば、
VAPEおすすめMODの記事にて紹介していますので、
よろしければこちらもどうぞ。

VAPEのMODの選び方のコツや初心者におすすめのMODはこれ
VAPEのMODについて詳しく知りたいのであればこの記事をおすすめします。こと細かくMODについて語ります。最後に初心者におすすめのMOD紹介欄も設けています。

 

それでは楽しいVAPEライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました