VAPEの爆煙スターターキットで初心者でも手軽に楽しめるMODについて

VAPE
vapeを購入したいけど、
爆煙といわれるvape本体ってどれを選べばいいの?
初心者でも手軽に爆煙を楽しめるvapeを教えてほしい。

 

 

VAPEとは電子タバコのことなのですが、電子タバコのイメージって、
IQOSやプルームテックなどのタバコをイメージすると思います。

VAPEにはニコチンやタールが入っていない液体(リキッド)を、
水蒸気化させる擬似タバコ的な物をVAPEといいます。
リキッドにはフルーツやジュースなど、
ニコチンなどの代わりに甘くて美味しい味を堪能することができます。

そんなVAPEで味の他に楽しむ事といえば、
大量の煙を吐けることなんです。
タバコとは比較的にならないほどの大量の煙をふかす事ができるのですが、
動画を見てもらえればわかるでしょう。

どうですか?凄い煙の量でしょう。

こんな爆煙を楽しみたいのであれば、
どのようなVAPE本体を購入すれば良いのかを、
本記事では初心者の方でもわかりやすいようにご紹介します。

爆煙にするにはどのようなVAPEを購入すればいいのか

 

爆煙を楽しむといってもどのようなVAPEを選べばいいのか?
どんな物でも爆煙を楽しめるとは限らないので、
しっかりと下調べをしてから購入しないと後悔します。

 

高い電力(W)の物と低い抵抗値(Ω)対応のVAPEを選ぶ

 

単純に高い電力W【ワット】)数対応のVAPEを選ぶことで簡単に爆煙を楽しむことができます。
Wとは、簡単に言えばパワー。
そのVAPEがどれほどの力を持っているかを表す数値です。

どのVAPEにも何Wまでの出力に対応しているかが記載されていますが、
だいたい50W以上対応の物であれば、爆煙になることは間違いないです。

次に抵抗値Ω【オーム】)についてですが、
抵抗値は少なければ少ないほど、爆煙向けとなっています。

抵抗値とは、電気の流れを止める力をΩ(オーム)といい、
抵抗値が低ければ低いほど、電力は多く流れます。
通常のアトマイザーの抵抗値は1Ω~5Ωくらいです。

爆煙で使う抵抗値は、
0.9Ω以下のサブオーム対応のアトマイザーを選ぶべきですが、
電力が高くて抵抗値が低いアトマイザーを知識もなく使うのことは、
危険という事も覚えておいてほしい。
無理をさせすぎると、最悪爆発する恐れがあるので気をつけてください。

初心者の方は、
制御装置がついているメカニカルMODのスターターキットを購入すると良いでしょう。

 

爆煙にする事でどのようなメリットとデメリットがあるのか?

 

爆煙にすることでメリットもありますが、
逆にデメリットもあります。
単純に爆煙を楽しみたい気持ちもありますが、
デメリットもしっかりと理解した上で爆煙を楽しみましょう。

 

メリット1.爽快感を味わえる

 

爆煙対応のVAPEを使うことで、簡単に爽快感を味わうことができます。

大量の水蒸気が口の中いっぱいに入れて、一気に出すと、
とても気持ちの良いものです。

僕が始めて購入したVAPEはタバコのように小さいもので、
煙もタバコと同じくらいの量でしたが、
爆煙対応のVAPEを購入してから吸ってみると、
その煙の量にとても驚きました。

大量の水蒸気を吐くことが、こんなに気持ちの良いものとは思わず、
とてもびっくりした記憶が鮮明に残っています。

 

メリット2.トリックの練習がやりやすい

 

VAPEの水蒸気を利用して、
輪をつくったりする遊びのことをトリックといいます。

トリックには様々な種類があり、その練習をするために爆煙用のVAPEは必須となります。

The Art of Vape

(トリックは1分42秒から始まります)

すごくないですか!?

1週間ほど練習すれば、輪を作るくらいならば簡単にできます。
爆煙用のVAPEでトリックを練習して、隠し芸大会用の特技を習得しましょう。

VAPEの吸い方 MTLで正しい吸い方をマスターしよう

メリット3.タバコ以上に吸ってる感を楽しめる

 

タバコを吸ったことない人は、
1度は吸ってみたいと思った事はありませんか?
でも害があるし・・・

なんて人は多いのではないでしょうか?
VAPEではニコチン、タールなんてものは入ってないし、
爆煙用VAPEであるなら、タバコ以上に吸っている感を楽しむことができます。

あのカッコいい感じ・・・VAPEで再現してみてはどうでしょうか?

 

デメリット1.外で吸いづらい

 

タバコのように、VAPEには副流煙による害はありませんが、
知らない人にしてみれば、煙の量が異常に多いタバコに見えます。
害がないからといって、外のどこでも吸えるものではありません。

外で吸う場合なら、喫煙所で吸う必要があるため、
そこらで手軽に吸う事はできません。

基本的に室内で楽しむものとなるでしょう。

 

デメリット2.室内が煙でいっぱいになる

 

外では手軽に吸えないので、
基本的に室内で吸うことになりますが、
爆煙のために部屋の中が煙でいっぱいになります。

爆発でも起こったかのようなくらい、周囲が煙たくなるため、
部屋についている、煙感知器などには十分に注意する必要がある。

 

3.リキッドの減りが早い

 

爆煙用のVAPEは、リキッドの消費がめちゃくちゃ激しいです。

なぜなら高い電力で大量の水蒸気をつくるため、
リキッドの蒸発する量が多くなるからです。

トリックなどを練習するのであれば、
安くて大量に入っているリキッドを購入するといいでしょう。

VAPEリキッドのおすすめはこれ 初心者のためのリキッド講座

初心者でも簡単に爆煙を楽しめるvapeの選び方

 

とりあえず知識はあまりないけど、爆煙VAPEを吸いたいのであれば、
爆煙対応のVAPEのスターターキットを購入すると良いでしょう。

テクニカルMODであれば、安全制御装置がついているので、
過電流による爆発などは防ぐことができます。
アトマイザーにもサブオームがちゃんと付いているため、
間違いによる購入もないかと思います。

初心者の方は、爆煙対応のスターターキットを購入しましょう。

おすすめの爆煙vapeのスターターキット

 

爆煙対応のスターターキットも、調べるとたくさんでてくるので、
どのVAPEを購入するのか迷いますよね。
その中でも筆者おすすめの安価で使いやすいスターターキットを紹介します。

1.aspire K4 スターターキット

aspire K4のスターターキットは簡単に爆煙を楽しめることで有名なMODです。
電池一体型のMODとアトマイザーがセットになっていて、
電源ボタンと背面にUSBポートというシンプルな作りのMOD。

VAPE初心者でも簡単に扱えるMODとしてとても人気の商品。
パワーも文句なしに強くて爆煙を確実に楽しめます。
欠点はリキッドの消費が激しいのと、
電池交換ができないくらいの文句のないMODです。

 

2.Eleaf iStick Pico

 

BOX型のテクニカルMODで、
初心者~上級者まで幅広い層に人気のMOD。

様々なモードがあって、扱いは少し難しいですが、
これさえあれば他のMODはいらない!ほどに優秀なMODです。
75Wと100Wの2種類がありますが、
小さくて扱いやすい75Wで十分爆煙を楽しめます。

長く使っていきたいのであれば、
iStick Picoを購入することをおすすめします。

 

VAPEの爆煙デビューのまとめ

 

爆煙は50W以上のサブオーム(0.9Ω以下)を選ぶべき
初心者は爆煙スターターキットを購入すべき
とりあえず楽しむのであればaspire K4を購入すべき

 

VAPEの爆煙についてわかりましたか?
手軽に楽しめるので、気になる方は是非VAPEを購入して見て下さいね。

僕のおすすめはiStick Pico 75Wです!
是非購入してみてください。

コメント