>>おすすめのワイヤレスイヤホン「Funitte」をレビュー<<

VAPEのアトマイザー講座 これを見るだけで仕組みが1発で分かる

VAPE
アトマイザーとはどういったものか?
アトマイザーの種類や初心者はどのようなアトマイザーを買うべきなのか?
おすすめのアトマイザーを教えほしい

 

 

 

そんな悩みを本記事では解決します

 

 

 

アトマイザーとは水蒸気を発生させるVAPEのパーツ

 

アトマイザーとは、
リキッドを加熱して水蒸気を発生させて吸うためのもの
をアトマイザーといいます。

アトマイザーはMOD(バッテリー)と接続してのみ使う事ができるため、
アトマイザーを購入する場合は、
MODとの相性をしっかりと確認して購入しなければならない。

アトマイザーは基本的に4つのパーツで出来ています。

 

ドリップチップ(吸い口)
タンク(リキッドを入れる場所)
コイル(リキッドを加熱する物)
エアホール(空気の調整場所)

 

4つのパーツを簡単に説明していきます。

 

ドリップチップ

 

アトマイザーの吸い口の部分をドリップチップといいます。

このパーツは取り外しが容易なため、洗浄も手軽に行えるし、
別のドリップチップに取り替えることも可能。

ドリップチップを替えることで、
スピットバック(リキッドの跳ね返り)を防止できたり、
見た目をかっこよくする事もできます。

余談ですが、VAPEショップでリキッドテイスティング(試し吸い)をする際は、
ドリップチップをお客さん毎に取り替えてくれるため、
MODを持っていかなくても手軽にテイスティングができるのである。

 

タンク

 

リキッドを入れる部分をタンクといいます。

基本的にクリアのガラスで出来ているため、
アトマイザーを落とすと割れる事が多いのがこの部分。
割れても替えのタンクが売っているから安心してほしい。

タンクの種類よっては、リキッドを入れる部分が違うため、
気をつけるようにしなければならない。

 

タンクの素材にも種類があり、
プラスチックとガラスの2種類がある。

さらにリキッドの注入方法でも、
上部から入れるトップフィル式タンクと、
下部から入れるボトムフィル式タンクの2種類があります。

 

プラスチックタンク

 

タンクがプラスチック製で、
落下などによる破損などのリスクは現象しますが、
酸性のリキッド(柑橘類)を使用するとプラスチックを痛めやすく、
最悪の場合ヒビ割れする事がある。

 

ガラスタンク

 

タンクがガラス製で、
落下により破損しやすい。
酸性のリキッドを使用しても痛まずに長持ちするため、
初心者の方に限らずですが、
ガラスタンクのアトマイザー最もおすすめしています。

 

 

ボトムフィル式タンク

 

アトマイザーの下部からリキッドを注入するタイプで、
リキッドを入れる時に、毎回アトマイザーを外す必要があるため面倒。
ただ、液漏れする事があまりないメリットも。

 

トップフィル式タンク

 

アトマイザーの上部からリキッドを注入するタイプで、
ドリップチップを外すだけでいいため、手軽で楽。
初心者はトップフィル式タンクをおすすめします。
ただ、締め付けを確実に行わないと液漏れしやすいのがネック。

 

コイル

 

タンクに入っているリキッドを加熱する役割を持つのがコイル。

コイルには抵抗値を表した数値(○Ω)と、
コットンなどでできているウィックというもので構成されています。

抵抗値は数値が大きければ電流が流れにくく、数値が小さいと電流は流れやすい。
数値が小さいものほど煙の量は多くなるが、
その分ショートする危険性が高まるため、気をつけなければならない。

ウィックに染み込んだリキッドを加熱させ、水蒸気を発生させるため、
ここが焦げたり劣化するとリキッドの味が落ちるので、
1週間~2週間ほどで変える必要があるため、何個も購入しなければならない部分である。

 

エアホール

 

空気圧を調整できる部分をエアホールという。
ここはアトマイザーによってはない物もあるが、大概付いてる。

エアホールを絞る(小さくする)事で、吸いにくくなるが、
リキッドの味を濃く感じる事ができる。
エアホールを開く(多くする)事で、吸いやすくなるが、
煙の量を多くすることができる。

エアホールを絞って吸うほうが、タバコに近い吸い心地になり、
どれが好みかは人それぞれだろう。
筆者はエアホールを絞り気味にするほうが、
むせにくく吸い易くなるので絞る方をおすすめします。

 

この4つのパーツは簡単に覚えておくといいでしょう。
ただ、アトマイザーには色々な種類があり、
今さっき説明した物は「クリアロマイザー」という種類のアトマイザーになります。

次はアトマイザーの種類を説明していきます。

 

VAPEの吸い方のコツ 誰でもわかるMTLとDLについて
VAPEの正しい吸い方がわからず、むせる事が多い。 吸い口が熱くて安心して吸うことができない。 そういうことが無...

アトマイザーの種類

 

アトマイザーにも5つの種類があります。

 

クリアロマイザー
RBA
RDA
RTA
RDTA

 

クリアロマイザーは最初に説明した、
ドリップチップ、タンク、コイル、エアホール
この4つのパーツでできた、初心者向けのアトマイザーです。

基本的にVAPEを購入する際にセットでついてくるアトマイザーは、
ガラス製のトップフィル式タンクのアトマイザーが多いです。
そのため、VAPEを購入する際は、
どんなアトマイザーが付いているのかしっかりと確認しましょう。

この他にある、
RBA、RDA、RTA、RDTAとは、
自分でビルド(コイルなどを作る)して使うアトマイザーのため、
完全に中級者以上が使用できるアトマイザーとなっています。

この4つのアトマイザーについては、
別記事で紹介しますので、そちらをご覧ください。

初心者が買うべきアトマイザーはガラス製のトップフィル式タンク

 

もし、VAPEのMODとアトマイザーをセットで購入しない場合、
VAPE初心者におすすめするタンクは、
ガラス製のトップフィル式タンク

なぜなら単純に扱いやすいからです。

ガラス製でリキッドの種類を気にする事がなく、
上部からリキッドを注入できるため、
楽にリキッド補充が可能だからである。

僕も現在ガラス製のトップフィル式のタンクを使っていますが、
アトマイザーの落下や締め付けすぎに気をつければ、
ガラスタンクは割れないし、上部からリキッドを供給できるのは楽でいいですよ。

プラスチックは落ちても割れないし、
ボトムフィルは液漏れしやすいからいいんじゃない?とも思いますが、
リキッドの種類を気にしなければならないし、
注入の際に毎回アトマイザーを外すとなると、相当ストレスが溜まります。

なので、VAPE初心者はまず、
ガラス製のトップフィル式タンクを購入しましょう。

 

初心者におすすめなアトマイザー

 

1.MELO3 mini アトマイザー

 

 

ガラス製トップフィル式タンク

 

高品質で有名なEleaf社のアトマイザー。
有名なiStick PICOのスターターキットの純正アトマイザーなのだが、
リキッドの味はしっかりと美味しく出る文句なしのアトマイザー。
抵抗値も0.3Ωよ0.5Ωの2つがついており、爆煙でも活躍可能。
VAPE初心者におすすめのアトマイザー。

 

2.INNOKIN iSub V Tank

 

 

ガラス製トップフィル式タンク
温度管理出力に対応している格安アトマイザー。
サイズもコンパクトでカラーバリエーションも豊富でどんなMODでも合わす事ができる。
コスパの良い温度管理対応のアトマイザーが欲しいのであれば、
このアトマイザー1択で十分だろう。

VAPEアトマイザーのまとめ

 

初心者はアトマイザーがセットになったMODを買うと間違いない
別途購入するならガラスのトップフィル式タンクのクリアロマイザーがおすすめ

アトマイザーの知識は初心者の頃は完璧には必要ないだろう。
続けていくうちに興味が出たら、自分でビルド可能なRBAなどのアトマイザーに手を出すと良い。

初心者の頃は、評判の良いアトマイザーでVAPEを楽しんでくれ。

 

セット物のMODを買うならiStick Picoがおすすめ

 

電池、MOD、アトマイザーがセットになっているスターターキットで、
一番おすすめなのはiStick Pico

丈夫なテクニカルMODで扱いも容易。
温度管理など様々な安全装置が付いているため、
知識のない初心者でも安全にVAPEを楽しむことができる。

iStick Picoについているアトマイザーは、MELO3 miniで、
スターターキットの割には高品質なアトマイザーがセットのため、
まずはiStick Picoを購入してVAPEの世界に踏み込んでほしい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました