>>Amazonタイムセールのまとめ<<

ベイプの洗い方/洗うパーツと効率の良い洗浄方法

ベイプ

どーも!こすけです。
ベイプ(VAPE)の洗い方に困った経験ってありませんか?
メンテナンスを怠ると故障の原因にも繋がり、 ベイプ本体の寿命を縮めてしまいます。

洗って良い部分と洗ってはいけない部分もあるので、
ちゃんと理解していないと洗って壊してしまうのは悲しいですよね。

そんな大切なベイプを長く使っていくために、
本記事で正しい洗い方を覚えていきましょう。

ベイプの洗えるパーツと注意点

 

 

ベイプはアトマイザー(リキッドを入れる部分)を洗うのが基本です。
MOD(本体)からアトマイザーを取り外してからアトマイザーを分解します。

・吸い口(ドリップチップ)
・リキッドタンク
・コイルユニット
・台座(エアフロー)

4つのパーツに分けることができます。

リキッドタンクはガラスタンクとゴムなどを全部バラすこともできますが、
ガラスタンクは割れやすいし、面倒なのでバラさずに洗います気になる方は全部バラしましょう

 

 

MOD(本体)は水に浸けては駄目

 

 

ベイプの洗い方ですが、MOD(本体)は絶対に水で洗ってはいけません。
水で洗うとショートして確実に潰れてしまいます。
MOD(本体)は濡らした雑巾等で軽く拭くくらいにしておきましょう。

 

 

コイルユニットは洗っても大丈夫

 

 

コイルユニットは見た目洗ってはいけないように見えますが、洗っても大丈夫。
むしろ洗って浸透したリキッドを洗い流す必要があります。

 

ベイプの洗い方を3点紹介

 

次にアトマイザーを何で洗うのかですが、
3つほどあるので簡単な順に紹介していきます。

 

ぬるま湯(38℃くらい)で洗う(1番簡単)

 

ベタベタするリキッドは、水よりぬるま湯のほうが落ちやすいので、
ぬるま湯でささっと洗ってタッパーなどでつけ置きする洗い方が簡単でおすすめ。

エタノール(80%希釈)で洗う(まだ簡単)

 

殺菌消毒に丁度いい80%に薄めた消毒用エタノールを使います。
タッパーに消毒用エタノールを入れて、つけ置きするだけで綺麗に洗浄できます。

超音波洗浄機で洗う(お金かかる!!)

 

眼鏡を洗ったりできる超音波洗浄機。
これを使うとかなり綺麗にアトマイザーを洗えます。
使い方は水を入れてアトマイザーを中に置いてスイッチを入れるだけ、めちゃくちゃ簡単。

ただ導入に少しお金がかかりますが、安い物だと3000円ほどで買えるので、
楽に綺麗に洗いたい方は購入することをおすすめします。

洗った後はしっかり乾かす

 

 

洗った後は水気をしっかりと取ります。
ガラスタンクなどは綿棒を使って拭く、
エアフロー内の水もキッチンペーパーなどで水気を取ります。
その状態で、キッチンペーパーの上で1日置いておくと水気は完璧に抜けます。

水気をしっかりとってからアトマイザーを組み立て、リキッドを補充して完成です。

 

コイルは空焚きすると焦げて使えなくなる事もあるので、リキッドを補充して5分は置きましょう。

ベイプを洗う頻度は1週間に1回くらいで良い

 

ベイプを洗う頻度ですが、1週間に1度くらいで十分です。
ですが、同じコイルで違うリキッドを吸う場合には、
毎回洗浄しないとリキッドが混ざってしまいます。

そんな面倒くさい事をしなくていいのがRDAです。

RDAはコイルを巻いたり専用の道具が必要だったりしますが、
コットンを変えるだけで違うリキッドを吸えるので、毎回洗う必要がありません。

専門的な知識は必要ですが、やり方などはネットにたくさんありますので、
挑戦してみてはどうでしょうか?

【まとめ】 ベイプのアトマイザーは週1くらいで洗おう

 

~ベイプを洗う時のポイント~

・MOD(本体)は外側を拭くだけ
・アトマイザーを分解してぬるま湯か消毒用エタノールに付ける
・綿棒と布で丁寧に水分をとる

これでベイプの洗い方についてはマスターしたも同然。
大切なベイプは週1程度のペースでいいので綺麗にしましょうね。

アトマイザーを綺麗にしてからの1発目ってもの凄い美味しいので、是非体験してみて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました