ブログでの引用と出典の使い方は?著作権侵害の危険性を理解しよう

ブログ関係
スポンサーリンク

どもども!こすけです。
ブログ書くときに気をつけたいことは、著作権についてです。

始めの頃は気にせずに、
アニメの画像やお店の画像を使って、記事を書いたことがありました。

著作権のあるものを勝手に使うと、
訴えられてしまい、最悪裁判にかけられる事もあるみたいです。
損害賠償40万など請求された日には、

たまったもんじゃないっすね!

そうならないためにも、著作権の正しい使い方を学びましょう。

 

著作権について

 

著作権とは?

 

自らの考えや表現にしたものが著作物
それを作った人が著作者
それを法律によって与えられたものが著作権になります。

自分がオリジナルで考えて作られた物、
アニメ、音楽、絵など作られたすべてのものには著作権があります。

詳しく調べればきりがとても難しい話なのでwikiをご覧ください。

 

著作権(ちょさくけん、英語: copyright、コピーライト)は、明確な形を持たない無体財産権(無形固定産)である。 主な無体財産権は、書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどである。また、特性が類似する特許権や商標権も含めて、知的財産権と呼称する場合もある
出典:Wikipedia 著作権より

 

引用と出典

 

著作権侵害にならないために、ブログで活用するのが引用出典になります。
引用は自分の文章を説明するための、文章やセリフを抜粋すること。
出典はその引用に用いた出所(サイト)

簡単に言うと、
引用と書く場合は文章のみ
出典と書く場合はサイトのアドレスをはる

上の場合、ホームページのアドレスをはっているので、出典ということになります。

 

引用と出典の使い方

 

ブログの記事で引用、出典を使う場合は、
blockquote」というHTMLタグを使います。

実際に使ってみると、

 

こうなります

 

こうすることで、サイトを監視しているgoogleさんは、

「ここは引用で使っているのだなぁ」

と、理解するため、重複のペナルティなど受けることはありません。
それに引用出典の文字を付け加えます。

 

こうなります
引用:こすけの小言より

 

出典の場合は

 

こうなります
出典:こすけの小言より

 

このような感じで引用出典することになります。
記事を書く方は、よく使うので覚えておきましょう。

 

引用と出典するための注意

 

引用、出典する際にも注意しなければならない点があります

 

著作物を引用、出典する必要があること

 

著作物を説明する際に使ったほうがわかりやすいなど、
関連性がある場合でないと、使ってはいけません。
前の文章と関係ない引用、出典を使うことは控えたほうがいいです。

 

自分の著作物と区別をつける

 

前説明した「blockquote」を必ず使うようにする
このタグを使わないと、Googleは判断することができないので、
重複のペナルティを受けることがあります。

 

引用、出典する物との主従関係を明確にする

 

自分の著作物を(主)に引用する著作物を(従)にする
引用、出典を主にブログを書いてはいけません。

 

引用、出典の明示を確実にする

 

引用、出典したものの明示は絶対に行いましょう。
どのページのどの部分を引用、出典するかを確実に明示しましょう。

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか。
引用と出典についてわかりやすくまとめてみました。
これから使う際を著作権に気をつけて記事を書くようにしましょう。

画像を引用する際も同じようにblockquoteと使い、
引用、出典先を明示するようにすれば心配することはありません。

フリー素材であればこのようなことは必要ないので
「写真 フリー素材」
などで検索して使いましょう

 

コメント