賃貸メリットとデメリット 案外住みやすくて良いぞ

体験談
スポンサーリンク

どもども!こすけです

実家から、会社の寮、アパートなど仕事の都合でよく引越しをしました。
現在賃貸マンションに住んでいます。

持家とは違うという点が多数見つかりました。
今から賃貸に引っ越そうか、
新築を買おうか悩んでいる方は多いと思います。

今日は賃貸のメリット、デメリットを紹介していきます

賃貸について

賃貸の種類

・マンション
・アパート
・一戸建て

基本的にこの3種類です。
他にもメゾネットや、URなどの種類はありますが、
内部構造などの違いなので、気になる方は調べてみてください。

ここでは簡単にURだけ、説明します。

URって何??

最近CMでもUR賃貸などよく耳にするかと思いますが、
よくある集合団地のことを指します。

礼金や仲介手数料がかからないため

比較的安くで引っ越しすることができる。
更新料もかからないため、手間をかけずに住むことができます。

団地というと古臭いイメージがありますが、
中身を今風にリフォームしているため、
若い人でも住みやすいように工夫されています。

最近では、タワーマンションもあるとかないとか・・・

次はアパートとマンションの違いを見ていきます。

アパートとは

アパートとは、木造や軽量鉄骨などでできた2階建ての建物になります。
基本的に音が外にもれやすく、
歩いた音や大きな音などの騒音がよく目立ちます。

マンションとは

重量鉄骨物で建てられた、
3階建て以上の建物のことをさします。

丈夫につくられており、
よほどの大きい音を出さない限りは、
騒音で気になることはないでしょう。

アパートとマンションの違いは、はっきり決まっておらず、
あいまいなため、大体で覚えると良いでしょう。

次はアパート、マンション、一戸建てのメリットです。

アパートのメリット

1.マンションより家賃が安い

2.外出が容易

3.収納スペースが多い

一番のメリットは毎月の家賃が安くなることです。
マンションのように高層ではないので、エレベーターを待ったり、
長い階段を昇ったり降りたりする手間がはぶけます。

収納スペースがたくさんある建物が比較的に多いので、
別にクローゼットなどを買わなくてもすみます。

マンションのメリット

1.防音性にすぐれている

2.断熱効果が高い

3.設備が整っている

4.設備メンテナンスも充実

騒音に気にせずに過ごせるので、
ストレスをためることなく生活ができます。

断熱効果が高いため、冷房や暖房の節約につながります。

防犯カメラ、オートロック、ゴミ捨て場など、
設備が充実しているため、
利便性がとても良いのは、マンションならではの特権です。

マンションには管理費というものがついてきます。
毎月4,5千円くらいですが、設備に異常がある場合,
負担なしで修理してくれるため、修理費がかかることがない。

一戸建てのメリット

1.騒音を全く気にしないでいい

2.スペースが広い

一戸建てのため、マンション等とは違い騒音に関しては、
全くといっていいほど気にしなくていいです。

言わずもわかるようにスペースがたくさんあるため、
大家の許可が得られればDIYをしたりと、
自由にすることができます。

ここからが本題です。

賃貸のメリット、デメリットを紹介します。

賃貸のメリット

1.引越しが容易

仕事の都合で転勤が多かったり、隣人との関係が悪くなった場合、
簡単に引越しすることができます。

2.破たんのリスクがない

ローンを払えなくなったり、最悪な状態になったりした場合の、
破たんのリスクが賃貸にはないです。

家賃を払えなくなった場合、追い出されるので、
状況に変わりはないとは思いますが・・・

3.修繕費の個人負担がない

通路の電気が切れたり、水道管から水がもれたり、
色々な不具合が多いと思いますが、
そういった修繕費は大家さんがもってくれるため、
個別で払う心配がありません。

4.固定資産税がかからない

固定資産税とは持ち家を持っている場合、
毎年1月1日に土地などにかかる税金のことです。

土地の値段によるのですが、
毎年結構な金額も持っていかれます。

賃貸のデメリット

1.リフォームができない

大家さんの許可がでれば簡単なことはできますが、
大きく穴を開けたりすることはできません。

2.防音性が心配な物件が多い

比較的に防音性が悪い物件が多くみられます。
引越しをするまえに家の防音耐性をチェックする必要はあります。

3.家賃を払い続ける不安

持ち家の場合は、ローンを払い終わるとお金を払う心配はないですが、
賃貸の場合は老後までずっと払う必要があります。

結局賃貸と持ち家との最終的な出費は、
あまり変わらないみたいです。

どちらかといえば賃貸の方が安くすむみたいです。

最後に賃貸に引っ越すにあたって、
部屋のチェックポイントを簡単にまとめてみました。

部屋のチェックポイント

1.日当たりの確認

西向きであれば午後からの日差しが直接くるので、
夏場は暑く、冬は暖かい。
夏は地獄のような、暑さになりますが、
冬は基本的に暖かく、過ごしやすいです。

東向きであれば午前の日差しが強い
朝型の人は過ごしやすいが、
冬が結構寒く感じます。

おすすめはやはり南向きです。
日中日当たりがとても良いが、
少し家賃が高くなる傾向があります。

2.騒音の確認

隣人もどんな人か聞けるなら聞いたほうがいいです。
車の通りや電車が近くに通らないか。
騒音の原因が近くにないか、かならず確認します

3.窓からの眺め

窓から部屋の中が丸見えではないか、
プライバシーが守られているかもよく見ておきましょう。

4.内装

冷蔵庫や洗濯機の置き場。
フローリングなのかクッションフロアなのか、
キッチン周りはしっかりしているかなどの、
チェック項目を作って見学したほうが、
良い物件にめぐりあうことができます。

いかがでしたか?
簡単にはなりましたが、賃貸のメリットとデメリットについて紹介しました

引越しする方は是非参考にしていただいで
良い新生活をおくりましょう!

家といえばエアコン!
6月前半までに試運転を済まして、
夏は快適に過ごしましょう!
試運転については、下記の記事をご覧ください
https://kosukee.com/air-conditioning-test/

それでは!

コメント