マウス、トラックボールよりペンタブレットが使いやすい

パソコン用品
2018年7月13日更新

どもども!こすけです。

皆さんパソコン操作にマウスを使用していますか?
有線が邪魔だったり、無線なら電池が切れたり、
いざというときに困ることは多くないですか?

そういう人にオススメなのがペンタブレット
有線が邪魔になったり電池切れに困ったりすることが解消されます。

でもペンタブレットって絵を描くためのものじゃないの?
という方が多いと思いますが、
以外にマウスの代わりとしても、性能を発揮します。

今日は、ペンタブレットがどれほど優秀なのかをご紹介します。

 

ペンタブレットの種類

 

板タブレットと液晶タブレットの2種類

 

ペンタブレットには

・板タブレット
・液晶タブレット

の2種類があります。

 

板タブレット

 

板の上にペンをなぞって書くものです。
パソコン画面を見ながらペンを動かし、書く事になるので少し慣れが必要になります。
比較的安く、購入することができます。

 

液晶タブレット

 

画面に直接書き込むタイプになります。
液晶画面にパソコンとエキタブレットが入っているものが、液晶タブレットです。
比較的高く液晶タブレットは、絵を描く専門の道具になります。

なので、今回は板タブレットの話になります。
絵描きの人を対象にしていません。
マウスの代わりにする物として紹介します。

 

マウスよりペンタブレットを勧める理由

 

1.有線だがペンタブレットは据え置きのため、コードが邪魔にならない

 

電源がUSBのため、コードが存在しますが、
タブレットは動かさないので、コードが絡まったり、邪魔になる心配がない。
電池切れの心配がないため、ストレスなく使うことができます。

 

2.ペン移動がとてもスムーズ

 

ペンタブレットの板スペースが、パソコンの画面と連動しているため、
右上にペンを持っていけば右上にすぐ移動するし、
左下にペンを持っていけば左下にいきます。

マウスポインターの移動がとてもスムーズになるので
操作がとても楽になります。

 

3.サイドスイッチ機能

 

ペンタブレットのペンには、ペンの先が左クリックに対応しています。
それとは別にペンのもち手部分に、サイドスイッチというものが存在します。

上スイッチと下スイッチがあるので、それぞれに、
右クリック、中クリックなどが振り分けることができるので、
自分の好きな設定にすることができます。

 

4.手首の負担が減る

 

マウス操作する場合、手首がテーブル等に乗っていますよね?
そのせいで、手首にアザができたり、痛くなったりした事はありませんか?
マウスは手首にとても負担をかけるものです。
マウスパッドでも、手首の負担を抑えるものもあるので必ず購入しましょう。

ペンタブレットの場合は、
手の小指側の側面を当てたり、腕全体を上げる形になります。
そのため、手首の負担が全くなくなります

 

5.絵を描ける

 

絵を描く練習もできます。
マウスと違いペンタブレットには筆圧という機能がありますので、
美しく綺麗な線で絵を描く事ができます。

ブログ運営では、結構活躍するのではないでしょうか?

 

ペンタブレットのデメリット

 

ペンタブレットにもデメリットが存在します。
デメリットを含めて、購入を検討してください。

 

1.慣れるのに少し時間がかかる

 

ペンをタブレットに当てること左クリックになります。
ポインターの移動は、タブレットとペン先を少しあけて動かすことで移動します。

タブレットにペンを当てたまま動かすと、左クリックを押したまま移動、
ドラッグしている状態になります。
最初は動かすことも、うまくいかない事も多いです。

 

2.エラーが発生する事がある

 

ふとしたことでエラーが発生し、ペンタブレットが動かなくなる場合があります。
ほとんどがドライバの再インストールで解決されますが、
急に動かなくなると、少し不安になってしまいます。

 

3.ペンがなくなるとやばい

 

ペンがなくなると何もできなくなります
僕はペンを持って移動する癖があるので、
たまに無くなって焦ることがあります。

ペン立てを用意して、置き場所を確保しましょう。

4.値段が少し高い

 

ペンタブレットは6000円~のものが多く、
マウスと比べると、少し高いです。

ですが、使い易さを比べると
断然ペンタブレット良いので、
気にならないデメリットでもあります。

 

僕の使っているペンタブレットをご紹介

 

Intuos Draw small ホワイト (CTL-490/W0) ワコム ペンタブレット

 

 

僕が使っているのは
Intuos Draw small ホワイト (CTL-480/W0)
の旧型になります。

 

 

値段は6500円ほどで、安価です。
このペンタブレットは余計な機能がなく、とても扱いやすいペンタブレットになります。
ペンタブレットの機能で、タッチで動かせるものもありますが、正直不要です。
変な動作が起きることが多いため、
ペンタブレット機能のみの物を選ぶことをおすすめします。

導入も同封されているCDを読み込み、ドライバをインストールするのみ。
エラーも全く発生しません。
ストレスなく、使うことができます。

 

Intuos Draw small ホワイト (CTL-490/W0)の口コミ

 

良い口コミ

 

使いやすくて、安い

 

使いやすくて安い、という口コミが一番多かったです。
サイズも小さく、軽くて使いやすいので、
ペンタブデビューの方に最適です。

 

子供用のお絵かき

 

お子さん用のお絵かき練習用として、購入している方もいました。

 

悪い口コミ

 

ペンが安っぽい

 

付属のペンが安いっぽいという口コミが多かったですが、
値段そもそもが安いので、仕方ないのでしょう。

 

おもちゃっぽい

 

ある程度絵が描ける人からみれば、
作りが安く、性能も含めておもちゃのようです。
良い性能を期待して買うと、泣くことになりそうです。

 

デバイスエラーが多い

 

デバイスが見つからないエラーが、出ている人が多いです。
僕はいままで1回も出たことないので、
パソコンとの相性もあるのでしょうか?

ここは実際に使ってみないとわかりませんね。

 

トラックボールと比べてどうか?

 

 

ロジクールのコスパが良く、評判の良いトラックボールです。

トラックボールは左側のボールを転がすことで、
マウス移動ができる仕組みです。

トラックボールのメリットは、

 

1.手首の負担がない
2.スペースがマウス1つ分で良い
3.画面の端から端までのマウス移動が楽
4.マウスパッドがいらない
5.ガチャガチャ音がしない
6.ワイヤレス

 

マウスとトラックボールを比較してみると、

マウスのメリットって何があるの?デメリットしかないじゃん

と思うくらいトラックボールは優秀です。

 

マウスとトラックボールだと、
圧倒的にトラックボールをおすすめします。

ペンタブレットと比較してみると、
2のスペース的に負けているくらいであり、
トラックボールに勝てる点は、

絵が描ける点

なんですよね。

画像加工で手書きで書けるメリットがあるので、
そういう使い方をしたいかたは、ペンタブレットをおすすめします。

板タブレットのまとめ

 

コードが邪魔にならない
電源はUSBのため電池切れがない
スペースがあまりいらない
ポインターの移動が楽
サイドスイッチが便利
手首の負担がなくなる
絵を描ける
慣れに時間がかかる
たまにエラーが発生する
ペンがなくなると終わり

 

僕は10年ほどペンタブレットを使用しています。
パソコンを使っている人には、よく絵を描くの?と言われますが、
僕は全く絵を描けません。

昔書いたことがあるのですが、全く才能がなく諦めました。
ここでは僕の黒歴史の絵をのせておきます

ぬらりひょんの孫の氷麗です!懐かしい!恥ずかしい!

みなさんもペンタブレットを使ってみてはいかがですか?
とても使いやすく、オススメします。

最近ココナラで絵師さんにアイコン絵を作ってもらいました。
ココナラの利用方法も記事にしています。

 

コメント