車の自動運転についてわかりやすくまとめてみた

 

どもども!kosukeです
最近話題になっている車の自動運転機能
この前から少し気になっていたので軽くまとめてみました


車の自動運転の歴史

車の自動運転はいつ頃から始まったのでしょうか?
自動運転の開発は結構古く1980年代から開発はしていたみたいです
自動運転で話題にあがってきたのが2016年頃
この頃に運転手の死亡事故が発生したのが大きな話題になりました
そして近年も開発が進んでおりますが
やはり予期せぬ事態に機械は対応できないみたい
事故が多発してしまい開発も少し遅れているみたいです
次は自動運転レベルというものに注目します

自動運転レベル

自動運転レベルは大きく6つに分かれており
0~5段階で設定されています

レベル0

ドライバーが全部の操作を行います
いわゆる普通の車の運転です
今日常ですべての操作をドライバーがしている状態をレベル0といいます

レベル1

ステアリング(ハンドル操作)か加速減速(アクセルブレーキ)
のどちらかが自動の場合はレベル1といいます
わかりやすく言うと自動ブレーキが搭載さてれる車はレベル1となります

レベル2

ステアリング(ハンドル操作)と加速減速(アクセルブレーキ)
の両方が自動の場合はレベル2といいます
有名なセンシングがこれにあたります

というかセンシングとなんぞや

そういう方に簡単に説明します!
車線の白線を認識し道に沿って自動でハンドルを切ります
前方の車も認識し、加減速を行ってくれる機能です!すごい!

レベル3

高速道路等の特定の場所でのみ
全自動で運転する場合レベル3に当たります
緊急時はドライバーが対応しないといけないため、人が乗ってないと駄目です
なのでレベル3でも全自動とは言わないのですね

レベル4

前記と同じく高速道路等の特定の場所でのみ
かつ緊急時も機械が対応してくれる為、人が乗っていなくても大丈夫な場合レベル4になります
ここまで来ると本当の全自動運転になってきます

レベル5

すべてにおいて全自動で車を運転する状態をレベル5といいます
これが全車会社が目標にしているところですね



ここからは全自動においてのメリットとデメリットに関してです

全自動運転のメリット

・交通渋滞がなくなる
全自動で運転しているため渋滞がほぼなくなります
・運転からの開放
全自動なために場所に着くまでに好きなことができます
映画を見たり、ゲームをしたり、疲れていたら寝る事だってできます
・車内が広くなる
ステアリングやアクセルの操作が必要なくなり
車内のデザインが一掃されると予想します
・車を保有しなくてすむ
必要な場所に車を自動で呼び出すシステムが開発されるかもしれません
そのようなビジネスが今後発展していくのも予想できます
・迷惑運転がなくなる
変な人が運転しなくなるというのはすごいメリットだと思います
危ない運転やあおり運転もなくなるのでは!?

全自動運転のデメリット

・事故回避不可避の場合の対応
やはり機械なため柔軟な対応は不可能と思っています
そういった面で事故が回避できない場合の対応がすごく不安な部分と僕は思います
・事故後の責任
全自動でもやはり事故は起こると思います
そういった場合の保険等のお話はどうなるんでしょう?
・システムのハッキング
これが一番怖いと思いませんか?
全自動ということはやはりシステム等ハッキングされる可能性が大きいですよね
テロや犯罪で使われることが容易に想像できます
どうでしたか?
メリットデメリットは僕が思ったことなので
もっと沢山のメリットデメリットはあると思います
ですが、まだまだ先の話なので
少し頭に入れるくらいでも十分なんじゃないかと思います
簡単にまとめただけなので詳しくは調べてみてください
もう少し勉強して理解できればまた詳しくまとめようと思います
それでは!


コメント