ふるさと納税について徹底追及!!

スポンサーリンク

 

どもども!kosukeです
ふるさと納税って聞いたことはありますか?

僕の周りにも、ふるさと納税をしている人が多いです

kosuke
ふるさと納税ってどんなの?

ふるさと納税をしてる人に、聞いてみると
ペンギンくん
とても良いよ!おすすめだから簡単に教えるね

説明を聞いてきたので記事にしてみました

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄付をする制度です。
手続きをすることで、所得税、住民税の還付、控除をすることができます

ふるさと納税をすることで、その自治体からお礼の品(名産品やホテルのランチのペアチケットなど)を受け取ることができます。
控除もでき、とても魅力的だと思いませんか??
そんな魅力的なふるさと納税についてご説明します。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は、所得税と住民税で控除することができます。
控除上限(2000円は自己負担をしなくてはいけない)を超える税金を控除することができます。
税金控除を受けるためには
・確定申告
・ワンストップ特例制度
を申請する必要があります

ワンストップ特例制度とは

ふるさと納税をしたあとに、確定申告をしなくても控除を受けられる制度。
書類に記入し、寄付した自治体に送るだけで、かんたんに控除を受けることができます。

ワンストップ制度を利用するための条件

1年間の寄付先が5件以内である

確定申告の必要のないもの

フリーランス、株取引での利益、他の所得が有る、などの確定申告が必要な場合は、確定申告で税金控除を受けましょう。

自治体へ申請書を郵送している

自治体に寄付するたび(4件寄付するならば4件)に、申請書を送る必要があります

自治体へ寄付を申し込むときに、申請書の要望をチェックしましょう。
そうすることで、ワンストップ特例制度の書類が送られてきます(忘れた場合でも、パソコンで印刷することが可能です)
ワンストップ特例制度の書類と本人確認できる書類(マイナンバー、免許書)を寄付した自治体に送りましょう。

簡単な税金控除の説明

確定申告の場合

3万円を寄付→所得税からの還付、住民税からの控除→2万8千円が手元に戻る→負担金額は2000円

ワンストップ特例制度の場合

3万円を寄付→住民税からの控除→2万8千円が手元に戻る→負担金額は2000円

kosuke
簡単に言えば2000円であらゆる特典があるすごいものなんですよ!

ふるさと納税の魅力

1.お礼の品がもらえる

寄付すると、その自治体のお礼の品として、名産品などが送られます。

2.税金が控除される

合計寄付額から2000円を引いた額が、住民税、所得税から控除を受けることができます。
気をつけてほしいのは、控除上限額か決められており、家族構成、収入額で上限額が変わります(気になる人は自分に合わせて調べてください)

3.自治体の応援をすることができる

寄付の数や回数に上限がなく、控除上限額以内であれば、2000円で簡単に応援することができます。

4.寄付金の使い道の指定ができる

ふるさと納税では、自治体が寄付金をどのように使うか指定することができます。

ふるさと納税のやり方

1.控除上限額を調べる

年収、家族構成で控除上限額が決められているため、事前に調べる必要があります。

2.寄付する自治体を決めて、申し込む

ネットで寄付する自治体を調べて申し込みます。

kosuke
僕はふるさとチョイスという場所で申し込みをしました

3.お礼の品、寄付金受領証明書が届く

自治体により、届く内容は異なるので注意してください。

4.寄付金控除の手続きをする

確定申告かワンストップ特例制度で申請をすると完了になります。
[su_box title=”まとめ” box_color=”#0f8c6d”]・ふるさと納税は控除することができる
・控除を受けるためには、確定申告か、ワンストップ制度を申請する必要がある
・控除には上限があり、世帯で上限が異なる
・寄付することでお礼の品を受け取ることができる
・控除上限以内であれば、2000円で寄付することができる
[/su_box]

いかがでしたか?
僕は会社で話を聞いてふるさと納税をすることに決めました。
お礼の品が届くのが、とても楽しみです(お肉をもらえる自治体に寄付しました)

気になる方は、ぜひ寄付してみてはいかがでしょうか?
今さらな話だと思いましたが、知らない人はまだ多いと思うので、これを機械に増えればいいなと思っています。

それでは!

コメント