紙の本と電子書籍どちらがいいのか調べてみた

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

どもども!kosukeです
皆さん本などよく読みますか?
僕は自己啓発の本など良く見ます
最近は電子書籍が流行っていますが
使いやすい方が絶対良いですよね
なので今日は紙の本と電子書籍のメリットとデメリットについて
詳しく説明しようと思います

紙の本のメリット

1紙の本特有の雰囲気
紙の本を読むイメージって知的で優雅など
見ていて良い雰囲気を感じることができます
カフェなどで読む場合などとてもお洒落に感じます

2ページを探す作業が楽

本はペラペラとめくって読みますが
特定のページにする辿りつくことができます
電子書籍の場合は少し操作する必要があるのでメリットといえるでしょう

3家に本棚を持つ

好きな人は好きだと思いますが
大きな図書館などの雰囲気が好きな人にとっては
自分の書斎をもつことを好む人は多いかと思います

4売ることができる

たくさん本を買う人にとっては本を売り、購入資金を作る人は多いと思います

紙の本のデメリット

1スペースをとる
一番のデメリットと僕は思っています
どうしても本を置くスペースが必要になるため
大きな本棚を持っている方やスペースがある方は気にしないと思いますが
小さな家に住んでいると
本を置くスペースをあまり作ることができません

2環境破壊に繋がる

あまり気にしている人は少ないと思いますが
紙を作る=森林伐採に繋がっています
必要なもので仕方はないのですが
環境問題を気にかけている方には
少し嫌な目で見られているかもしれません・・・

3本の損失、傷み

見ていて良い雰囲気を出す紙の本ですが
濡れたりすることに対して非常に気にかけないといけません
加湿器の近くに置いて本がぐにゃぐにゃになった経験は僕にはありました・・・

4購入の手間

書店に出向く手間があります
書店の本を見る楽しさもあるのですが
ネットショッピングもありますが
どちらにせよ本が手元に届くまでとても時間がかかります

電子書籍のメリット


1スペースをとらない

やはりコレにつきるでしょう
どれだけ本を買おうがデータなので
タブレット一つだけでいくつもの本を持つことができ
外でもかさばることなく沢山の本を読むことができます

2紙の本より安く購入できる

電子書籍のほうが本は安くなります
ときには無料で購入できることもあり紙の本よりはお得になります

3いつでも買え、すぐに読める

買いたい時にタッチ一つで購入でき
購入した直後に読むことができます
書店などに出向く手間が省けます

電子書籍のデメリット


1売ることができない

古い本はプレミアがついてりして高く売ることができますが
電子書籍のデータは一切売ることができません

2ディスプレイで見難い場合がある

ディスプレイのため
反射や場所にとれば見難くなることがあります
いかがでしたか?
正直電子書籍のほうがメリットが良いと思いました
しかし、本の売却ができないのは結構痛手かと思います
僕は電子書籍で本を読んでいくかと思います
ちなみに僕が使っている電子書籍はAmazonのKindleです

使っているのはKindle paperwhiteなのですが
重さは205gとかなり軽く、持っていても腕が疲れません
持ち運びも便利でどこでも手軽に本を読むことができて、とてもお得です
しかも、Amazonプライムに入ることで1ヶ月に1冊無料になるので
ぜひともAmazonプライムに入ることをおすすめ致します

さらに!
Kindle unlimitedでは
月額980円で読み放題になるキャンペーンもあります

初回1ヶ月は無料体験できますので
とりあえず体験してみてはいかかですか??

宣伝がながくてすみませんでした
それでは!

コメント