こすけの小言

ブログ初心者の記事の書き方講座

time 2018/04/30

ブログ初心者の記事の書き方講座

 

どもども!kosukeです
ブログの記事の書き方って、いったいどうすればいいの?
そういう悩みを解決するために、今日は記事を書きました。

僕もまだまだ初心者ブロガーですが、僕なりのブログの書き方を教えます。

ブログ初心者の記事の書き方講座

1.日記を書かない

初めての時は、何を書けばいいのかわからないので、日記のようなものを書く事が多いです。
日記とは、自分の起きた出来事や、感想を中心に書いたものを日記といいます。

日記を書く事がうまい人はいいのですが、僕が書くと自己中心的な文章になってしまい、
見てて楽しい記事ではないので、あまり書かないように注意しています。

ただ気づかずに、書いてから

kosuke
これ日記やんけ
って気づくときもありました。ごめんなさい。

ですが、絶対書いてはいけない!というものではなく、
堅苦しい記事ばかりよりは、少しほのぼのする日記を書くのも、読書的には見やすくなるでしょう。

2.見出しをつける

見出しをつけると、とても見やすくなることに気がつきました(遅い)
はじめの頃は、スタイルシートなどのボックスのみでいいじゃん、と思っていたのですが、
h1やh2の見出しをつけたほうが、SEOにも有利であり、もう一度言いますが見やすくなります。(重要)

3.キーワードを意識

ブログのSEO対策を学ぼうでも伝えたように、タイトル、見出しにキーワードを入れることを意識しています。
現在は検索流入はまったくないですが、後々増えてくると考えて、記事を書いています。

4.読者ターゲットを明確にする

「この商品はとても使いやすいので、みんなに紹介します」
という、あいまいな表現より
「○○までに、○○したい、○○な人に○○までに○○する方法を教えます」
という、読んでほしい人に向けて、書く記事のほうが好んで読めれる傾向があります。

こういう記事を思考することは、とても大変なのですが、意識するとPV数は確実に増えます。
僕もなかなか上手くかけてないので、ここは5月の課題になります。

5.要点をまとめる

見て欲しい記事を、見出しでしっかりと書き出します。

僕も、他人のブログを拝見することが多いです。
ですが、時間がないときは、要点を見て、気になる部分をしっかりと読む、読み方をしています。

読者は1文字1文字すべてを見ている人は少ないです。
見出し等なしで、文字をずらずら書いているだけでは、直帰率を比較的多くなります。

使い易さ
メリット
デメリット
値段
どういうときに使うか
他の商品と比べるとどうなのか

などの要点を見出しで書くだけで、とても読みやすい記事に変わります。

6.記事の出だしの統一

僕の場合は
「どもども!kosukeです」
にしています

統一したほうが、覚えられやすいと感じて、出だしを統一するようにしています。

7.~~だと思います。は使わない。

だと思います。を連続して使われると

kosuke
この記事大丈夫か?信用ならんぞ
となっちゃいます。

言い切ることは以外に難しいことですが、自分の思いを伝える場なので、
間違ってもいいじゃないですか。言い切っちゃいましょう。間違ってたら謝って修正しよう。

8.1000文字は絶対に書く

どのような記事でも、1000文字以上は書くようにしています。
ブログのSEO対策を学ぼでも書いたように、長文になるほど、SEO対策に有利なことがわかりました。
どのくらいの文字数を書けばいいのかは、具体的にはわかりませんが、1000~2000の範囲内が良いようです。

9.完成文を何度も読み返す

kosuke
完成したー!早速公開しよう
待ってください、ちゃんと文章見返しましたか?

記事が完成するのに満足しちゃうのは、よくあることです。
ですが、誤字脱字がないか、何度もチェックしましょう。
誤字脱字の多い文章は、信頼性がなくなりページの評価も低くなってしまいます

完成したことに満足せず、しっかりとチェックして、完璧な文章で公開しましょう

記事の書き方のまとめ
日記を書かない
見出しをつける
キーワードを意識
読者ターゲットを明確に
要点をまとめる
記事の出だしの統一
~~だと思います。を使わない
1000文字以上書く
完成文を読み返す

参考になりましたか?記事を読んだら実行しましょう。
読んで終わりでは成長に繋がりません。読んですぐ実行することが、変わることの第一歩といえるでしょう。

それでは!

down

コメントする




Amazon

スマホ情報

ブログ

レビュー

生活

こすけ

こすけ

はじめまして、こすけです。 社会人の雑記ブログです。 マイペースな更新で頑張っています。 [詳細]