アクセスアップ、収益アップするリライトのコツ!

ブログ
スポンサーリンク

 

どもども!kosukeです

ブログをはじめてから1ヶ月なわけですが、そろそろリライト作業を本気でしないと、と感じることが多いです。
リライト作業ってよく聞く反面、「とりあえず記事修正すればいいんでしょ?」と簡単に思っている人は多いですが、実際は違いました。

今日はリライト作業ってどんなの?と思う初心者向けに記事を書きました。

リライトについて

リライトとは

一般的なリライトの意味ですが、
記事の内容を変えず、表現を変える
がリライトというものです。

リライトには2種類あり、

自分の過去記事の修正
他の人の記事を参考にして、新しく記事を書く

過去の記事の修正はよく聞きますが、他の人の記事を参考にして、新しく記事を書くことも、リライトとははじめて知りました。

他の人の記事を参考にして、新しく記事を書く場合は表現方法を変えないと、パクリサイトになってしまうので注意が必要です。

今回は、自分の過去記事の修正に注目していきましょう

過去記事のリライト方法

1.文章構成の変更

30記事投稿後に過去の記事をみろ、とよく聞きますが
実際過去の記事を見てみると、自分の成長力が一目でわかるはずです。
わからない場合は、もっと記事を書く必要があります。

・改行の位置は正しいか
・濁点の付ける位置が間違っていないか
・誤字、脱字はないか
・言葉の言い回しはわかりやすいか
・装飾は正しく見やすく使っているか

この要点はしっかりとおさえましょう。
あとの細かいところは、リライトしながら細かく修正すれば良いでしょう。

2.キーワードのチェック

サーチコンソールや、アナリティスクを活用し、キーワードの選定が正しく使えているかを確認します。
ここをしっかりチェックし、修正することにより、確実にアクセスアップにつながります。

必要であればキーワードを変えるのもありですね。

3.内部リンクの修正

記事を書いていくごとに、関連している記事が複数出てきているはずです。
初期の記事なんて、ほとんど内部リンクを使ってないんじゃないですか?

内部リンクを増やすことにより、直帰率も少なくなり、SEO対策にも有利になります。
SEO対策とは、こちらで確認することができます

ブログのSEO対策を学ぼう

4.情報の追加

過去の記事でも、新しい情報が入ることも多いです。
新しい情報を加筆することで、ページの評価も良くなります。

情報がはいるたびに、細かく修正するのもありだと感じました。

5.違う情報の訂正

間違った情報を書いたことも、後から気づく事が多いです。
その訂正も立派なリライトになりますので、積極的に訂正をしていきましょう。

6.ASPの見直し

記事投稿時には気づかなかった適切な広告が、リライト時に発見できた場合は、
収益アップに大きく影響するため、積極的に見直していきましょう。

リライトの効果

実際リライトしたらどうなの?って疑問を感じる人は多いでしょう。
リライトしたからといって、すぐにアクセスが伸びることは少ないです。

長い目でみる必要があるため、定期的にリライトして、アクセス解析ツールを活用しながら、地道に努力をしましょう。

リライトのデメリット

リライトにもデメリットが存在します。

検索順位が下がる

ヒットしている記事でも、リライトが必要になります。
ですが、悪い方向にリライトしてしまうと、今まで1位だった記事が3位に落ちます。
こういったリライトになってしまう恐れもあるため、注意が必要です。

[su_box title=”リライトのまとめ” box_color=”#0f8c6d”]・リライトとは、内容を変えず文章の表現を変える作業
・文章構成を変更
・キーワードの変更、修正
・内部リンクを追加
・新しい情報の追加
・間違えている情報の訂正
・アフィリエイト広告の追加、訂正
・リライトの効果は長い目でみる
・検索順位が落ちる場合がある[/su_box]

僕も今月からリライト作業に力をいれます

kosuke
リライトするより新しい記事更新したほうが得でしょ?

 

いえいえ、リライトも立派な記事更新作業です。
新しい記事をかくだけでなく、過去の記事にも目を向けてください。

リライトをすることで、アクセスアップに繋がることは間違いありません。
自分のスキルアップのために、是非リライト作業に手をつけてみてください

それでは!

コメント