auスマホの解約から格安SIMに移行する簡単な方法

スポンサーリンク

どーも!こすけです。

格安SIMに移行されている方は多いですが、未だに移行できていない人も多いです。

 

移行する手間が面倒
解約のやり方がわからない

 

僕も初めは解約方法もしらないし面倒くさいからいいや、
と思っていた時期もありましたが実際変えてみると、
月1万円の携帯代が、月3千ほどになり、
年間で約8万円ほどの節約になりました。

年間で8万違がうのってめちゃ大きいですよね。
8万円を面倒だからって放置するのは勿体無いですよ。
実際解約は簡単だし、時期さえ守れば解約にかかるお金も少なくすることができます。
高いお金を払い続けるより、少しでも安くして浮いたお金で焼肉でも行きましょう!

 

ここでは、auでの解約方法だけ説明します。

auの解約方法

 

auの解約は基本的に店舗のみとなっていますので、店舗に行って解約するようにしましょう。
多分止めるためのセールスをすると思うので、思い切り断ろう。

 

解約前に行う方がいい事

 

auクレジットカードの変更

 

auウォレットカードを利用している場合ですが、
au解約したまま使用していると、年会費(1250円税別)が発生します。
必ず解約前にクレジットカードの登録を解除しよう。

 

ウォレットポイント残高の確認

 

au解約してしまうと、今まで溜めていたポイントが無くなります。
勿体ないので解約前に使い切るようにしましょう。

おすすめはAmazonポイントに移行。
Amazonポイントだと1円単位で移行が可能なので、
無駄なく消費することが可能です。

 

キャリアメールで登録しているサイトのアドレス変更

 

auを解約すると、ezwebのメールアドレスは使用できなくなるので、
解約前にメルマガなどの登録を、gmailなどに移しておこう。

 

auでんきの解約

auでんきは1年以内に解約すると、解約料(2160円)かかってしまうので注意しよう。
1年以上経っていると、解約金は発生しません。

違約金について

 

違約金はいくらかかるのか

 

更新月以外での解約は、契約解除料として9500円かかります。
後、電話番号をそのまま使うのであれば、MNP転出手数料として、さらに3000円かかります。

このMNP転出手数料は、更新月でもかかるので、
電話番号をそのまま使う場合は必ずかかる費用となっています。

さらに、乗り換え先でもMNP転出の事務手数料として、3000円かかります。
更新月で乗り換えすると6000円、更新月以外だと、1万5500円かかる計算になります。

 

違約金のかからないタイミング

 

更新月に解約することで、違約金なしで乗り換え可能になります。
更新月の確認はMy auなどで確認することができます。

 

My au

My au

KDDI CORPORATION無料posted withアプリーチ

 

支払い途中のスマホ代

 

解約に合わせて払う事も可能だし、最終の携帯料金に上乗せして払うこともできます。

MNPの手続き方法

 

MNP予約番号を取得

 

電話や実店舗、後はWEBからでも取得することができます。

電話は9時から18時までとなっています。
電話番号は【0077-75470】
発行には時間はかからず、即座にしてくれます。

 

MNP予約番号には15日間の有効期限付きなので、
できるだけ早めに手続きを済ませましょう。

基本的に10以上の有効期限が残っていない場合、
再度MNP予約番号を取得しなければいけない、
という手間になるので取得してすぐに行くくらいが丁度良い。

(mineoの場合10日以上の有効期限の猶予が必要のため、早めに申請するに越したことはないです)

 

MNP予約番号取得後

 

予約番号を取得後、乗り換え先で必要な物は

 

本人確認書類(運転免許や保険証)
クレジットカード
インターネット接続環境
メールアドレス

 

あとは、乗り換え先でMNPの申し込みをすれば、完了となります。

おすすめの格安SIM

 

UQモバイル


 

料金が安い(国内通話無料+9GBのおしゃべりプランMで2980円)
通信速度が速い(au回線とほど同じ)
通話定額、無料通話プラン有り
節約モードで低速度で無制限にデータが使える
デザリングが可能
キャリアメール使用可(UQモバイル専用のアドレス)
UQモバイル専用の無料wifiスポットも各所に有り

 

データプランが少ない
プランには2年縛りあり
2年目以降の料金が1000円ほどあがる
3年目以降の高速データ通信量が半分

 

UQモバイルの申し込みはコチラ

mineo



 

料金が安い(音声通話+10GBで3130円)
2年縛り無し
データプランが豊富(500MB~30GBまでの7種類)
5回線までmineo同士で通信容量をシェアできる
余った通信容量を友達や知らない人とシェア可能

 

通信制限機能あり(3日で6GBを超えると終日最大200kbps)
iPhoneでau回線の場合はデザリング不可
お昼(12時~13時頃)は通信速度が落ちる(200kbps)
1年以内に他社に乗り換えするとMNP転出手数料(1万1500円)がかかる

 

mineoの申し込みはコチラ

 

結局どこの格安SIMがいいのか?

 

どこの格安SIMもメリット、デメリットが必ずあります。
値段はどこも安いので、デメリットが気にならない会社を選択するのが良いでしょう。

2年縛りがあっても、とりあえず安くて通信が安定しているUQモバイル
2年縛りがないが、通信速度が不安定なmineo

UQモバイルについてはこのブログでも紹介しています

格安SIMのUQモバイルに変えるために必要な準備をしよう
どもども!こすけです。 最近携帯代が高いな なんて思ってます。 現在auに15年ほど契約をしています。 最近通信自由化により独占体制が崩れ、 色々な会社が格安で、SIMを販売...

ですがどの格安SIMも、長期で契約するというより、
2年や1年単位で転々とするほうが、お得なのではないだろうか。

自分に合った格安SIM会社を是非見つけてみてください。

コメント